ご挨拶

沢井製薬について

代表取締役会長 澤井 弘行(写真左) 代表取締役社長 澤井 光郎(写真右)

代表取締役会長澤井 弘行

代表取締役社長澤井 光郎

「なによりも患者さんのために」

沢井製薬のすべての活動はこの理念に基づいています。

一人でも多くの患者さんに信頼できるジェネリック医薬品をお届けしたい。

代表取締役会長 澤井 弘行(写真左) 代表取締役社長 澤井 光郎(写真右)

代表取締役会長澤井 弘行

代表取締役社長澤井 光郎

沢井製薬は、真心をこめた高品質なジェネリック医薬品を通じて、社会に貢献していきたいと考えています。私たちの活動の根底にあるもの。
それは、「なによりも患者さんのために」という企業理念です。

お薬の効き目を実感されるのは、最終的には患者さんです。
だからこそ、薬価が安いだけではなく、安心してご使用いただけるジェネリック医薬品を、一人でも多くの患者さんにお届けしていくこと。その積み重ねが、人と社会と医療の発展につながるものと信じて、ジェネリック医薬品の品質を追求し続けています。

企業理念とその思い

なによりも患者さんのために

1.「真心をこめた医薬品を通じ、人々の健やかな暮らしを実現する」それがの使命です。
患者さんに喜ばれ、安心してご使用いただける医薬品、医療関係者に信頼される医薬品を提供し続けること。
それこそが、沢井製薬の使命と考えます。お薬代の安価なジェネリック医薬品は、患者さん、健康保険組合、国や地方の医療費節減にもつながります。だからこそ私たちは、高品質なジェネリック医薬品を真心をこめてお届けすることで、人々の健やかな暮らしを実現し、社会に貢献できるものと信じています。
2.「創造性を追求し、革新と協調により社会と共に成長する」それがの挑戦です。
めまぐるしく変化する日本の医療においては、革新なくして企業の発展はありません。
研究開発、生産、営業、経営などすべての分野で、社員一人ひとりが創造性を発揮し、積極的に挑戦すること。それを実現してこそ、企業価値を高められるものと、沢井製薬は考えます。また、人との出会いやパートナーとの協力関係を大切にし、社会との調和を図ることが、企業の成長に不可欠なものであると確信しています。
3.「お役に立ちたいという心を持ち、なくてはならない存在になる」それがの願いです。
製薬会社として、患者さんや医療関係者の「お役に立ちたい」という姿勢を、取引先やパートナー、地域社会、社員、友人、家族に対しても貫くこと。そのような社員が働く企業が、社会から真の信頼を得られるものと考えます。その努力を積み重ねて、社員一人ひとり、そして沢井製薬そのものが、医療現場や社会、多くの人々にとって、かけがえのない存在になること。それこそが私たちの願いです。

RECOMMEND