ワールド・ハート・デー『健康ハートウオーク』

コミュニティ貢献

ワールド・ハート・デー(世界ハートの日)
『健康ハートウオーク』

世界心臓連合が提唱する、世界的な心血管病予防キャンペーン「ワールド・ハート・デー」の日本における取組みが2016年9月25日(日)に花博記念公園鶴見緑地にて「ワールド・ハート・デー大阪2016」として開催されました。
沢井製薬では、「健康的な食生活や運動によって、心血管病や生活習慣病の予防啓発を目的とする」というワールド・ハート・デーの趣旨に賛同し、本キャンペーン内のメインイベントである『健康ハートウオーク』に特別協賛いたしました。協賛は2011年から6回目となります。

天候にも恵まれ、およそ2,200名の方々が、緑豊かな公園の中でウオーキングをスタート。「普段は夜に歩いているけれど、青空の下で自然に囲まれて歩くとすがすがしい気持ちになりますね」と笑顔を見せるお父さんや、「健康のために何かしなければと思っていたので、参加してみました。これをきっかけにウオーキングを始めてみようかと思います」と話すご夫婦など、それぞれのペースでウオーキングを楽しまれました。
その他にも、会場内には、心臓年齢、血管年齢が測定出来るブースなど、心血管病予防の啓発を行う催しも多数行われ、参加された方々は思い思いのブースで、真剣に説明員の話に耳を傾けるなど、健康への意識と知識を高めておられました。
今後も沢井製薬は、さまざまな活動を通して、地域社会に貢献するとともに健康啓発を実施して参ります。

9月25日(日)「ワールド・ハート・デー大阪2016」の様子

  • 9月27日(日)「ワールド・ハート・デー大阪2016」の様子
  • 9月27日(日)「ワールド・ハート・デー大阪2016」の様子
  • 9月27日(日)「ワールド・ハート・デー大阪2016」の様子
  • 9月27日(日)「ワールド・ハート・デー大阪2016」の様子

CSRの取組みに戻る

RECOMMEND