CSR推進体制

CSRについて

沢井製薬では、社会課題の積極的・能動的な解決に向けて、CSRに関する取組みを推進することを目的に各組織を設置しています。

CSR委員会
社長を委員長、CSR担当役員およびCSR副担当役員を副委員長とし、取締役、常勤監査役、執行役員を中心とするメンバーで構成されています。年2回の開催を原則とし、CSR基本方針に基づく年間活動計画の審議、承認、実施結果のレビューや取締役会への提言、報告などを行っています。
CSR推進会議
CSR委員会の効率的な業務遂行を目的にCSR委員会の下部組織として設置しています。CSR担当役員を議長、CSR副担当役員を副議長とし、各本部の管理職層から代表として選出されたメンバーで構成されています。年4回の開催を原則とし、CSR基本方針に基づく年間活動計画の策定、活動の進捗状況および実施結果の報告などを行っています。
CSR事務局
CSR委員会、CSR推進会議の招集・議事録作成など委員会および推進会議の補佐と社内外に向けたCSRに関する情報発信を目的に、各部門から選出されたメンバーで構成されています。