おばあちゃんの知恵袋

不快な鼻づまりの解消法

  • シェア
  • ツイート

冬は空気が冷たく乾燥しているので鼻づまりになる人が多いもの。
鼻づまりは息苦しく不快なだけでなく不眠や風邪の原因にもなります。
おばあちゃんの応急手当で早めに解消しましょう。

「蒸しタオル」で鼻を温める

「蒸しタオル」で鼻を温める

鼻を温めると鼻孔が広がったり、粘膜の血流がよくなって、一時的に鼻の通りがよくなります。鼻を温めるには、蒸しタオルが効率的です。

<やり方>

  1. タオルを水にぬらして硬く絞り、ラップに包んで1分ほど電子レンジで加熱して蒸しタオルを作ります。熱い湯にタオルを浸して絞ってもできます。やけどに注意してください。
  2. 蒸しタオルで鼻全体を覆います。タオルが冷めたら外しましょう。

「番茶+塩」で鼻うがい

「番茶+塩」で鼻うがい

鼻の粘膜に付着したゴミやほこりなどを洗い流して除去するのが「鼻うがい」。鼻づまり解消とともに、風邪や花粉症の予防効果も期待できます。
鼻うがいのコツは、「ゆっくり吸い込み、口から出す」を片鼻ずつ交互に行うこと。鼻うがい専用の吸入器が市販されているので、それを利用してもいいでしょう。

<やり方>

  1. コップ1杯(200ml)の番茶を常温(20℃くらい)に冷まし、塩小さじ1/2を入れます。
  2. (1)を片鼻ずつゆっくり吸い込み、口から出します。コットンに(1)をしみ込ませて鼻に詰めてもよいでしょう。

鼻づまりのツボ「迎香(げいこう)」を押す

鼻づまりのツボ「迎香(げいこう)」を押す

鼻づまりを解消する「迎香」というツボを押す方法もあります。指圧をするとスッキリとして、鼻の通りがよくなります。

<やり方>

  1. 迎香の場所を見つけます。迎香のツボは小鼻のすぐわきの、少しへこんだところにあります。
  2. (1)に指先を押し付けて、回転させるようにマッサージします。鼻がスッキリするまで、しばらく続けましょう。

協力/NPO法人 おばあちゃんの知恵袋の会 イラスト/霧生さなえ
※このコーナーでご紹介した内容は民間の伝承を中心としたもので、医学的・科学的に証明されたものではありません。

おばあちゃんの知恵袋 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

鼻水・鼻づまりに効くツボ

ちょっとの工夫と簡単ヨガで 手軽にできる花粉症スッキリ術

花粉症をのりきる知恵

花粉症 タイプを知ってピッタリのお薬を

ぴたりと止まる やさしい咳止め