ツボ百科

お疲れ顔をリセットするツボ

  • シェア
  • ツイート

春は出会いの季節。第一印象を決める最も大きな要素はやっぱり「顔」です。環境が変わってバタバタしたり、歓迎会などの飲み会続きでも、「疲れてる?」と言われないように、すぐできるツボ押しで、お疲れ顔をリフレッシュしましょう!

お疲れ顔はなぜおきる?

お疲れ顔に見せてしまう理由は、目の下のクマや、疲れてたるんだ顔。その原因は、顔の血行不良です。睡眠不足や疲労などによって血流が悪くなると、必要な酸素や栄養が十分に届かない状態に。また、体内の余分な水分や老廃物がうまく流れなくなってしまい、代謝も悪化してしまいます。血流の滞りや老廃物の蓄積が、お疲れ顔を作ってしまうのです。

お疲れ顔を放っておくと?

目の下のクマや、疲れてたるんだ顔をそのままにしておくと、代謝が悪い状態が続き、本当のシミやシワ、たるみの原因になります。一時的なことだからと放っておかず、早めの改善が老け顔にならないポイントです。

Let's ツボ押し!

顴髎(かんりょう)

顔全体のシワや、フェースラインのたるみに効果的なツボです。

顴髎
場所
ほお骨のすぐ下、やや耳寄りのところに位置します。
押し方
人さし指と中指で目のほうに向かって軽く押し上げるようにします。目安は10~20回。
顴髎

承泣(しょうきゅう)

目の下のクマや、疲れ目などに効くツボ。さらにシミやシワの予防にもなります。

承泣
場所
左右の目の下の骨の縁中央にあります。
押し方
人さし指でプッシュします。強くこすらないように注意して行いましょう。
承泣
監修/邱淑恵(キュー・スーエ)先生

監修/邱淑恵(キュー・スーエ)先生
中国健康コンサルタント。1949年台湾生まれ。中国台湾省栄民総医院鍼灸ハリセンターで中国ハリを学んだ後、来日。ツボ、ハリ、漢方を習得する。著書多数。
● ツボ道場 http://www.tubodojo.com/

イラスト/堀川直子

ツボ百科 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

むくみがラクになるツボ

歩き疲れに効くツボ

芯から温まる入浴法

水太りを解消するツボ

抜け毛を防ぐツボ