立川らく朝の健康サプリ

第2回

早起きは三文の得の大ウソ

昔から「早起きは三文の得」なんて言います。でもねえ、早起きは寝不足のもとですよ。どうです、三文得するために睡眠時間を削りたいですか?

「馬鹿言ってんじゃないよ、300円出してもいいから、あと5分寝かせてくれ」これが現代人の本音じゃないでしょうか。

あのね、もしかしたら今の時代、早起きは三文の得どころか、「早起きは15兆円の損」なのかもしれないんですよ。というのも、世界的なシンクタンクである米ランド研究所が、睡眠不足による経済損失を調べたんですね。すると日本は寝不足により年間約15兆円(1$=108円換算)もの損失が出ているんですって。

経済的な損失ばかりではありません。睡眠不足は私たちの健康にとっても極めて重要な問題なんです。

睡眠が不安定な職場の代表が、交代勤務。じつはこの交代制勤務をしている人は日中勤務の人に比べて、乳がん、前立腺がん、大腸がんが多いことが報告されてるんですね、これはちょっと気になりますよ。

ではなぜ交代制勤務者でがんが多いかというと、夜間に光を受けることによりメラトニンの分泌が減ってしまうんです。このメラトニン、眠りを促す物質として知られてますが、夜間に身体に有害な活性酸素を除去したり、脳や身体を修復する作用があると言われています。こんな大事なメラトニンが足りなくなったら一大事です。

睡眠不足が怖い理由はまだまだあります。睡眠障害はがん以外にも、様々な生活習慣病を引き起こしますし、うつの原因にもなります。

こんなデータがあるんですね。健康な人を集めて睡眠時間を4時間に制限したら、インスリン(血糖値を下げるホルモンです)の分泌が減って血糖値が増えてしまいました。さらにですよ、血糖値を上昇させた上に、食欲まで高めてしまうってんですから、始末に悪いでしょ。

この研究によると、睡眠障害によって食欲を抑えてくれるレプチンというホルモンが18%低下し、さらに食欲を増進させるホルモンであるグレリンが28%も増えたと報告しています。

これはもう、寝不足のところへもってきて、血糖値のアッパーをくらった上に、ボディに2発、強烈なパンチを受けたみたいなもので、ノックアウト寸前にまで追い込まれちゃう。

やっぱり寝不足は怖いでしょ。でも現代人の睡眠は足りていません。ある調査(ポラール・エレクトロ・ジャパン、2017年)では、日本人の平均睡眠時間は男性が6時間30分、女性6時間40分で、これは主要28カ国中で最短だったそうです。

もう寝るっきゃないって。でも「寝だめ」は駄目なんですね。寝だめは睡眠のリズムを狂わせてかえって逆効果。

「睡眠負債」って言葉が流行る今日、ぜひそうならないよう、規則正しい生活を・・・え、「俺はもうなってるし」。どうしたの。「睡眠不足でうつだ」それはいけないですね。「睡眠不足でふさいでる、だから、睡眠ふさい」・・・そんなつまんない駄洒落考える暇があったら、寝なさいよ。