おばあちゃんの知恵袋

張ったお腹を 自然の力でラクにする

  • シェア
  • ツイート

冬になると、水分が不足して便秘になる人が多いようです。
お腹が張って苦しい時には、おばあちゃんにならって自然の力を借りましょう。

腸の働きを活性化させる ヌルヌル・ネバネバ食品

腸の働きを活性化させる ヌルヌル・ネバネバ食品

オクラ、もずく、めかぶ、納豆などのヌルヌル・ネバネバ食品は、腸の働きを活性化させて便秘解消になります。
ヌルヌル・ネバネバ食品に含まれる食物繊維は熱に弱いので、生のままか、あまり火を通さない食べ方がよいでしょう。
植物性乳酸菌が豊富なキムチやしば漬けなども、腸を動かしてくれるのでおすすめです。

便秘の強い味方 プルーン

便秘の強い味方 プルーン

プルーンには水溶性の食物繊維であるペクチンや、腸の働きを活発にするカリウムなどが多く含まれているため、便秘によいとされています。
乾燥プルーンをティースプーンに1杯か、生プルーンなら1~2個を食事前の空腹時に食べると便秘に効きます。
食べすぎると下痢になる場合もあるので注意して。

スッキリ感抜群 アロエ

スッキリ感抜群 アロエ

自然の下剤とよばれているアロエ。アロインという独特の成分が便秘解消に役立つとされ、アロエを配合した市販の便秘薬もあるほどです。
下の方の葉を1枚とり、細かく刻んだり、おろし金ですりおろしたりして生で食べるとよいでしょう。
苦味がありますが、スッキリと解毒されたような実感があります。

協力/NPO法人 おばあちゃんの知恵袋の会 イラスト/霧生さなえ
※このコーナーでご紹介した内容は民間の伝承を中心としたもので、医学的・科学的に証明されたものではありません。

おばあちゃんの知恵袋 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

おなら、便秘、下痢は「腸疲労」のサイン

ヨーグルトを食べるだけ! お疲れ腸改善法

便秘と下痢がラクになるツボ

夏の弱った胃腸を元気に

ノロウイルスによる胃腸炎