おばあちゃんの知恵袋

卵の殻で 家事の困りごとスッキリ

  • シェア
  • ツイート

家の中に気になるところがあると気持ちがスッキリしませんね。
そんな時、意外なパワーを発揮するのが「卵の殻」。
春本番を迎える前に、スッキリしませんか?

クレンザーとして…洗いにくいビンの汚れスッキリ!

クレンザーとして…洗いにくいビンの汚れスッキリ!

口が狭くて中に手が届かないビンの中に卵の殻1~2個分を細かく砕いて入れ、1/3ぐらいの量の水を入れてゆすります。するとビンの中がピカピカに。
この方法だと洗剤や漂白剤を使わずにすみ、洗いにくい口の狭いビンも、いつも清潔できれいです。

潤滑油として…すべりの悪い敷居がスッキリ!

潤滑油として…すべりの悪い敷居がスッキリ!

すべりの悪い敷居は、開け閉めのたびにストレスになりますね。そんな時には、卵の殻が効果的です。
卵の殻をボロ布で包んだ上から叩いて細かく砕き、布に少し水を含ませ、なじませてから敷居を拭くと、すべりがよくなります。

漂白剤として…ふきんの黄ばみ汚れスッキリ!

漂白剤として…ふきんの黄ばみ汚れスッキリ!

ふきんはいつも真っ白にしていたいものですが、漂白剤の強い匂いが苦手な人には卵の殻がおすすめです。
鍋に水、砕いた卵の殻3~5個分、ふきん2~3枚を入れて、10分ほど煮立てます。あとは水ですすいで干せば、ふきんの黄ばみが取れます。

協力/NPO法人 おばあちゃんの知恵袋の会 イラスト/霧生さなえ
※このコーナーでご紹介した内容は民間の伝承を中心としたもので、医学的・科学的に証明されたものではありません。

おばあちゃんの知恵袋 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

体にやさしい素材で 安心大掃除

油断できない 大人のフードアレルギー

認知症と似た病気

どこでも診療が受けられるって本当なの?

ストレスフルな生活と病気の関係