おばあちゃんの知恵袋

風邪をこじらせないための あったかドリンク

  • シェア
  • ツイート

風邪は予防とひき始めが肝心。
昔からおばあちゃんたちが家族に飲ませてきた手作りのあったかドリンクを飲んでこじらせる前に追い払ってしまいましょう。

ゾクッとしたら ねぎみそ湯

ゾクッとしたら ねぎみそ湯

風邪のひき始めには、即席ねぎみそ湯で、しっかり汗をかきましょう。
1人分の作り方は、お椀に、細かく刻んだ長ねぎ1/2本分と削り節ひとつかみ、お好みのみそ大さじ1を入れ、熱湯を注いで混ぜるだけ。熱いうちに飲んですぐに寝ると、体の中からポカポカになり、汗がじんわり出てきます。
ねぎ特有のにおい成分、硫化アリルには、血行をよくし、代謝を高め、発汗を促す働きがあります。

のどの痛みを感じたら はちみつ大根湯

のどの痛みを感じたら はちみつ大根湯

大根に含まれるジアスターゼという酵素には、のどの炎症や痛みを緩和する働きがあります。また、はちみつにも炎症を鎮める働きがあるので、大根&はちみつでダブル効果を発揮。
作り方は簡単。大根おろしに、はちみつを入れ、それにお湯を注げばできあがり。
大根おろしが飲みにくい場合は、大根1/4本を1~2cmの角切りにして密閉容器に入れ、大根がかぶるぐらいにはちみつを注ぎます。冷蔵庫でひと晩おいて、浮いてきた大根を取り除くと、飲みやすいシロップになります。これをお湯で割って飲んでもよいでしょう。

風邪予防には 梅干ししょうがシロップ

風邪予防には 梅干ししょうがシロップ

梅には、クエン酸やリンゴ酸などの有機酸が豊富に含まれており、梅干しは昔から万病に効く長寿薬と重宝されてきました。風邪対策としても、おすすめです。
大きめの梅干し5個に、しょうがのみじん切り30g、乾かしたミカンの皮をすったものを少々、それに黒砂糖ひとかけらを入れて、ドロドロになるまで煮詰めます。これを毎日、ティースプーン1杯程度なめたり、お湯で割って飲むと、風邪の予防対策になります。
ちなみに、しょうがには体を温める作用があり、乾燥させたミカンの皮は、体の抵抗力を高める漢方薬としても使われています。

協力/NPO法人 おばあちゃんの知恵袋の会 イラスト/霧生さなえ
※このコーナーでご紹介した内容は民間の伝承を中心としたもので、医学的・科学的に証明されたものではありません。

おばあちゃんの知恵袋 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

お手軽に風邪予防 鼻うがいのススメ

ヘルパンギーナとプール熱

生活習慣の見直しで、手軽に免疫力の高いカラダへ

咳をラクにするツボ

季節の変わり目につらい のどの痛みをやわらげる