おばあちゃんの知恵袋

みかんの皮で 冬の健康を守りましょう

  • シェア
  • ツイート

日本の冬の代表的な果物、みかん。
ビタミンCの宝庫で、食べて健康にいいのはもちろんですが、おばあちゃんたちは皮にも注目。
健康な体づくりに活用する知恵をご紹介します。

乾燥させたみかんの皮は漢方の「陳皮(ちんぴ)」に

乾燥させたみかんの皮は漢方の「陳皮(ちんぴ)」に
みかんの皮を乾燥したものは「陳皮」と呼ばれ、老廃物を排出し、血のめぐりをよくする漢方薬として使われます。 作り方は簡単。みかんの皮をお湯でよく洗い、ワックスをとります。水気を拭きとり、ザルに並べ、天日か、日の当たる室内に干します。カラカラになったら、細切りにして保存を。冬場は空気が乾燥しているので作りやすいです。 以下に、陳皮を使った健康法をご紹介します。

風邪予防や弱った胃腸に…みかん茶

風邪予防や弱った胃腸に…みかん茶
茶漉しに乾燥させた陳皮を入れてお湯を注ぐだけで、香りのいいみかん茶ができます。 他の漢方薬と違って、煮出す手間がないので手軽に飲めます。乾燥してあるので、生のみかんより香りが深く、味もよいです。お茶代わりに飲めば、風邪予防になるだけでなく、胃腸の働きもよくなります。

ぽかぽか温まり全身しっとり…みかん入浴剤

ぽかぽか温まり全身しっとり…みかん入浴剤
両手いっぱい分の陳皮を布袋に入れて、お風呂にいれるだけ。 体がぽかぽかと温まり、香り効果でリラックスできます。血流がよくなるので神経痛やリウマチなどの痛みが和らぎ、みかんの精油成分が皮膚の代謝をよくするので全身がしっとりします。

食欲増進して抵抗力を高める…みかんふりかけ

食欲増進して抵抗力を高める…みかんふりかけ
陳皮をすり鉢ですった「みかんふりかけ」を、みそ汁やご飯にふりかけて食べると、ほのかな香りが食欲を増進させ、体の抵抗力を高めてくれます。冬の間にたくさん作って冷蔵庫で保存すれば、1年中このふりかけが食べられます。 また、陳皮を肉の煮込み料理に入れると、脂肪分が吸収されさっぱりするので、消化がよくなります。

協力/NPO法人 おばあちゃんの知恵袋の会 イラスト/霧生さなえ
※このコーナーでご紹介した内容は民間の伝承を中心としたもので、医学的・科学的に証明されたものではありません。

おばあちゃんの知恵袋 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

旬のぶりと、寒い季節にうれしい食材が盛りだくさん 「根菜のタンドリーぶり丼」

お手軽に風邪予防 鼻うがいのススメ

健康の“かなめ”は腸にあり!風邪予防ためのレシピ〈五目温やっこ〉

予防したのに…気をつけたい感染症

腸を活性化させるレシピ「豆腐・たらこ・キムチのチゲ風」