おばあちゃんの知恵袋

便秘を改善して腸から健康に

  • シェア
  • ツイート

汗ばむ季節になると、水分不足から便秘になる人が意外に多いもの。
台所にあるもので便秘を予防・改善するおばあちゃんの知恵で、腸から健康になりましょう!

ガンコな便秘にも・・・アロエ入りオレンジジュース

ガンコな便秘にも・・・アロエ入りオレンジジュース

アロエは、塗れば切り傷・虫さされによし、お風呂に入れれば美肌によしと、さまざまな効果を持っていると言われますが、便秘改善にも効果があります。
庭先でよく栽培されているキダチアロエは少々苦みがあるため、食用にはアロエベラがおすすめ。アロエと味の相性の良いオレンジジュースを加えて飲むとよいでしょう。

<作り方>

トゲをとったアロエ15gを皮ごとすりおろします。そこにオレンジジュース250ccを注いでよく混ぜればできあがり。おろしたものが飲みにくい場合は、搾り汁でもOKです。
アロエにはお腹を緩くする作用があるので、下痢をしやすい人や妊婦さんは避けましょう。

食後に・・・ヨーグルトで作る即席ラッシー

食後に・・・ヨーグルトで作る即席ラッシー

便秘解消といえばヨーグルトですが、ヨーグルトそのものよりラッシーのほうが消化しやすく、効果もてきめん。
食後にゆっくり飲むと、ヨーグルトの整腸作用で便秘の予防や改善につながります。

<作り方>

プレーンヨーグルトをグラスに半分ほど入れ、湯冷ましを7~8分目まで注いでよく混ぜます。
甘みが足りない時は、腸内環境を整える作用のあるオリゴ糖を加えれば、ダブルで効果を得られます。

朝の1杯に・・・大根の葉ジュース

朝の1杯に・・・大根の葉ジュース

大根の生葉は食物繊維が豊富。胃腸の働きを高めてくれるので、便秘の予防や改善にも最適です。青臭いにおいが気になる人も、リンゴジュースを加えれば飲みやすくなります。

<作り方>

大根ひと株についている葉の1/5とリンゴジュース200ccを、ジューサーにかけるだけ。食物繊維たっぷりの大根葉ジュースのできあがりです。朝の目覚めの1杯にどうぞ。

協力/NPO法人 おばあちゃんの知恵袋の会 イラスト/霧生さなえ
※このコーナーでご紹介した内容は民間の伝承を中心としたもので、医学的・科学的に証明されたものではありません。

おばあちゃんの知恵袋 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

ヨーグルトを食べるだけ! お疲れ腸改善法

寿命にも関係する?腸内フローラって?

おなら、便秘、下痢は「腸疲労」のサイン

油断できない 大人のフードアレルギー

若い人にも増えている逆流性食道炎