おばあちゃんの知恵袋

おばあちゃん秘伝の「卵美容法」

  • シェア
  • ツイート

残暑の強い紫外線は、お肌の大敵。シミやシワの原因になって、肌老化を促進してしまいます。そこで、おばあちゃん秘伝の卵美容法。卵は食べても栄養たっぷりですが、実は美容にも役立つ食材。新鮮なまま利用でき、保存料が含まれていない点も安心。卵の丸ごと活用術を紹介します。

※卵アレルギーの方は、使用しないでください。

保湿には…卵白洗顔

保湿には―卵白洗顔

卵白には肌の再生を促す塩化リゾチームという酵素が含まれており、洗顔剤として使うと、余分な皮脂を落としながらしっとりした洗いあがり。殺菌効果もあるのでニキビ予防にもなります。メイクを落としてから行います。

やり方

  1. 卵白1個分を用意する。
  2. 卵白を顔に塗り、手のひらでくるくるマッサージした後、ぬるま湯で洗い流す

★卵の殻についているわずかな卵白は、卵白パックに。顔に塗ってクルクルとマッサージした後、乾くまでそのままにし、ぬるま湯で洗い流しましょう。

老化防止には…卵黄パック

老化防止には―卵黄パック

卵黄には、皮膚の細胞を活性化して老化を防止するレシチンやビタミンEが含まれています。パックとして使えば、肌がみずみずしくよみがえります。洗顔後に行います。

やり方

  1. 卵黄1個分と小麦粉大さじ2に、水大さじ1を加えながら練る。手の甲に塗ってみて、垂れ落ちなければ固さはOK。
  2. 目と口のまわりは避け、顔全体に塗って10分ほどおく。つっぱる感じがしてきたら、水かぬるま湯で洗い流す。

シワ伸ばしには…薄皮シート

シワ伸ばしには―薄皮シート

卵の殻の内側にある薄皮には、保湿成分であるヒアルロン酸などの美容成分がたっぷり含まれています。捨ててしまうのはもったいない!目じりなどのシワの部分パックに活用しましょう。

やり方

  1. 卵の殻から薄皮をはがす。
  2. 気になるシワの部分に密着させて貼り付ける。
  3. パリッと乾くまでおいておき、ぬるま湯で洗い落す。

協力/NPO法人 おばあちゃんの知恵袋の会 イラスト/霧生さなえ
※このコーナーでご紹介した内容は民間の伝承を中心としたもので、医学的・科学的に証明されたものではありません。

おばあちゃんの知恵袋 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

ただの肌荒れではありません 乾燥性皮膚炎

アナタの体の中、乾いてませんか?

乾燥肌を防ぐレシピ 「牛肉とパプリカの中華炒め」

食材でできる「日焼け後」ケア

自然派美容で美肌づくり