カラダの豆事典

メタボが招くお金の損失! 7つのお得な健康管理術

  • シェア
  • ツイート

メタボリックシンドローム、いわゆる「メタボ」になると、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中などのリスクが高くなり、その結果、医療費の増大が予想されます。
健康診断の数値が悪かった人も、今からでも間に合う健康管理術について、前回に続き、家計・医療費を考慮した健康管理に詳しい京都大学経済研究所の古川雅一さんにお話を伺いました。

メタボが病気の引き金となり、家計の負担が重くなる

メタボリックシンドロームとは、内臓に脂肪が蓄積することによって、生活習慣病などさまざまな病気が引き起こされやすくなった状態のことをいいます。

日本では、お腹まわりが基準値(男性は85cm、女性は90cm)を超え、かつ、脂質・血糖値・血圧のうち2項目以上が基準に当てはまった場合、メタボリックシンドロームと診断されます。ただ、特定健診・特定保健指導の判定にもあるように、お腹まわりが基準値未満であっても、BMI値が25以上の場合は注意しなければなりません。

まずは自分のBMI値を計算してみましょう

BMI値の計算方法 BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

※WHO(世界保健機関)ではBMI値30以上を肥満としていますが、日本肥満学会ではBMI値25以上を肥満としています。

BMI値が高くなると、糖尿病や高血圧になるリスクが高くなり、医療費などの経済的負担も増加します。

私の分析では、平均的な身長の男性の場合、体重が64.2kgの人と、それより約20kg重い83.8kgの人とでは、糖尿病の医療費は2. 5倍、高血圧の医療費は1. 3倍も異なることがわかりました。女性の場合は、54.3kgの人と、それより約16kg重い70.9kgの人との間で、男性と同様の違いがあります。

7つのお「得」な健康管理術を今すぐスタート!

糖尿病や高血圧になれば、医療費が家計に大きな損失をもたらすことがおわかりいただけたでしょうか。

体重管理を含めた健康管理をうまく行えば、病気のリスクが少なくなります。また病気になったとしても、病状が軽減され、体調が安定することになります。仕事への取り組みも前向きになって、収入を増やすことにもつながるでしょう。

以下に挙げる7つのお得な健康管理術で、健康とお金の両面で「得」を手に入れましょう。

1. 早くやせて「得」をする
グラフは肥満の期間と医療費の関係を示しています。肥満の期間が短いほうが、医療費が安くなるといえます。肥満の期間が10年の場合、5年早くヤセると8万円、10年早くヤセると21万円のお得。この差額で演劇やスポーツ観戦、温泉旅行などにも行けそうです。

肥満の期間と年間医療費

2. 早く治して「得」をする
当然のことですが、早く治したほうが医療費も安くなります。高血圧の期間と医療費の関係を示したデータを見ると、5年で2万円、10年で31万円お得です。
3. リスクを減らして「得」をする
メタボに関連する4つのリスク、肥満、高血糖、高脂血症、高血圧。このリスクの数によって医療費が変わります。試算したところ、リスク1つと4つでは10年後の時点で医療費に3万円の差が生じます。
4. 薬選びで「得」をする
新薬と同じ成分のジェネリック医薬品は効果が新薬と同じにもかかわらず、その値段は新薬より安くなっています。これは、ジェネリック医薬品を選ぶだけで医療費を抑えられることを意味しています。特に生活習慣病のように治療期間が長い場合はお得度がアップします。
5. 健康診断を受けて「得」をする
健康診断をきちんと受けて、病気を早期発見できれば、早期治療が可能になります。病状が軽ければ医療費も当然安くすみます。
6.歯を磨いて「得」をする
糖尿病になると歯周病が悪化し、また、歯周病になると糖尿病が悪化するといわれています。歯周病と糖尿病には相互に深い関係があり、歯を磨くことで歯周病と糖尿病の両方の医療費を抑えることができます。
7.運動で「得」をする
1週間の運動回数を1回から2回に増やすと、医療機関への受診率が1%減少するという分析結果があります(内閣府経済社会総合研究所調べ)。受診回数が減れば、医療費も減ることになります。

7つの「お得」な健康管理術、いかがでしたでしょうか?

私自身も、数年前の健康診断で中性脂肪の値がとても高いことがわかりました。そこで、食事内容を見直し、ジムへ通い、10kgの減量に成功しました。その結果、すっかり体が軽くなり、中性脂肪の値も改善。筋肉量が増えたことで基礎代謝が上昇し、リバウンドもありません。ジムに行けないときにはできるだけ階段を使ったり歩いたりして、細かい運動の積み重ねを心がけています。

太りやすくなる30代以降は、健康管理としてのダイエットは必須項目だと言えるでしょう。

カラダの豆事典 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

メタボ改善で、医療費節減

運動するだけで医療費控除になる方法

運動する・しないで差がつく医療費

どこでも診療が受けられるって本当なの?

その病気、ホルモンの乱れが原因かも