カラダの豆事典

家族の対応も重要 認知症

  • シェア
  • ツイート

認知症は、脳の神経細胞が減少することなどにより、働きが低下してしまう脳の病気です。さまざまな原因でおこり、主に記憶・判断力の低下などの症状が現れ、進行すると普通の社会生活が送れなくなってしまいます。
今からできる予防法を含めて、銀座内科・神経内科クリニック院長の霜田里絵先生にお話をうかがいました。

原因と症状

認知症には「脳血管障害型認知症」と「アルツハイマー型認知症」の2種類がある

「脳血管障害型認知症」は、脳梗塞(脳の血管がつまる)や脳出血(脳の血管が破ける)などによって、脳の組織が破壊されて起こります。

一方、「アルツハイマー型認知症」は原因が不明ですが、脳の神経細胞が急激に減ってしまい、脳が病的に萎縮して起こります。

症状は、中心的症状とさまざまな周辺症状がある

認知症の中心的な症状には、直近のことを忘れる、同じことを繰り返す「記憶障害」、今がいつなのか、自分がどこにいるのか分からなくなる「見当識障害」、暑さ寒さに衣服で対応できないなどの「判断力の低下」があります。

こうした中心的症状以外に、それに伴って起こる周辺症状があります。これは人によって差がありますが、怒りっぽくなったり、不安になったり、徘徊などの異常行動が見られ、他にも幻覚、睡眠障害、異食・過食などがあります。

治療方法と予防法

家族とともに診断を受けて

認知症を疑って病院を訪れる人は、家族や周りの人が心配して連れてくるケースがほとんどです。その場合、患者さん本人への問診や記憶障害・認知機能の低下を調べる検査をします。

また同時に家族への問診もします。そのほか、運動機能や腱反射検査などの神経学的検査、全身の状態を見る血液・尿などの検査、脳内の変化を見るCT/MRI検査などをします。

アルツハイマー型認知症 早期発見チェック表

下記は日常の暮らしの中で、認知症ではないかと思われる言動を、「認知症の人と家族の会」の会員の経験からまとめたものです。医学的な診断基準ではありませんが、いくつか思いあたることがあったら、専門医に相談してみましょう。

● もの忘れがひどい

● 判断力・理解力が衰える

● 時間・場所がわからない

● 人柄が変わる

● 不安感が強い

● 意欲がなくなる

(作成/公益社団法人「認知症の人と家族の会」)

根治はできないけれど、改善のための薬物治療

認知症を根本的に治療する薬は、残念ながらまだ開発されていません。

ただし、アルツハイマー型に関しては、病気の初期にある程度の進行を遅らせる薬剤が、日本ではこれまで1種類だけ使用されていましたが、今年(2011年)になって他にも新薬が使えるようになりました。

症状にあわせたケアも大切な治療法

認知症が発症した患者さんの症状にあわせたケアも重要な治療法。

ケアの手段としては、施設などで精神科の医師や各種療法士が行う心理療法があります。具体的には、自己認識を回復させる「回想法」、周囲に関心を促すために行う「リアリティー・オリエンテーション」、動物によって関心を促す「アニマルアシスドセラピー」、音楽によって過去を想起させる「音楽療法」などです。

また、家族や周りの人による介護も治療のひとつになります。介護者の対応によって、認知症の症状はよくなりますので、なるべく患者さんの身になって考え、対応することが望まれます。

脳を活性化して、認知症を予防しましょう

脳血管障害型認知症は脳血管障害を予防することが大切で、そのためには、動脈硬化を引き起こす高血圧症、糖尿病などの生活習慣病を起こさないことです。

アルツハイマー型認知症の原因は不明ですが、コレステロールや中性脂肪が動脈硬化に影響を与え、それがなんらかの関係があると言われています。

いずれにしても、食事・運動・睡眠などの生活習慣を見直すことで動脈硬化を予防することが、認知症予防につながるでしょう。

それと同時に、下記のような手軽にできる脳活性法を日常に取り入れることをおすすめします。

就寝前のスクワット20回で脳の活動を高める

就寝前のスクワット20回で脳の活動を高める

大きな筋肉を動かしたときほど、脳の活動は高まります。ですから、体の中でもっとも大きな筋肉である太ももの大腿筋を積極的に動かしましょう。 ウォーキングやジョギングもよいのですが、スクワットが手軽です。
おすすめのタイミングは、夜寝る前。脳は睡眠中に記憶を定着する仕事をするので、軽い運動をして質のよい睡眠がとれればより効果的です。
また、運動によって睡眠中の成長ホルモンの分泌が促進され、アンチエイジング効果も期待できます。

脳細胞のサビを防ぎ、脳の老化を予防するカラフル野菜&フルーツ

脳細胞のサビを防ぎ、脳の老化を予防するカラフル野菜&フルーツ

脳の老化のメカニズムは肌の老化と同じ。代謝が活発なので、大量の酸素を消費し、それだけ大量の活性酸素を産出します。活性酸素は脳細胞をサビつかせる元凶となります。
そこで、認知能力の低下を防ぐために、抗酸化力の強い「カラフルな野菜やくだもの」を積極的に食べましょう。ビタミンCやE、色素成分のカロテノイドなどの成分が、活性酸素を除去します。

「カラフルな野菜やくだもの」とは、トマト、グリーンアスパラ、オランダパプリカ、ブロッコリー、ホウレンソウ、イチゴ、ブルーベリーなど。
たくさんの種類をまんべんなく摂ることも大切です。

イラスト/ワタナベモトム

カラダの豆事典 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

今後も増加するとされる「認知症」と医療費

「もの忘れ」は生活術で改善できる

認知症と似た病気

いまから始める認知症を防ぐケア

骨の健康を維持し、元気な老後を目指そう