カラダの豆事典

「顔・腕・言葉」で、すぐ受診! 脳卒中

  • シェア
  • ツイート

死亡原因の第3位であり、全国で137万人もの患者さんがいる脳卒中。45歳未満でも発症し、若いからといって安心していられません。怖い脳卒中から身を守るには、発作が軽いうちの受診がカギ。聖マリアンナ医科大学神経内科教授の長谷川泰弘先生に、ポイントを伺いました。

原因と症状

脳の血管が破裂したり詰まることによって起きる

脳卒中とは脳の血管の障害によって起る病気の総称です。脳血管が枝分かれする部分にできる脳動脈瘤(のうどうみゃくりゅう)が破裂して起きる「くも膜下出血」、高血圧でもろくなった脳血管が破れて生じる「脳出血」、そして動脈硬化でボロボロになった脳の血管が詰まって生じる「脳梗塞(のうこうそく)」の3つに大別されます。

高齢者の病気と思われがちですが、最近は45歳未満で発症する「若年性脳卒中」が注目されています。若い人の脳卒中は、静脈から飛んできた血のかたまり(血栓)が心臓を経由して脳血管を詰まらせてしまう「奇異性脳塞栓症(きいせいのうそくせんしょう)」と、脳や首の太い動脈の内側に亀裂が入り動脈が裂けてしまう「動脈解離(どうみゃくかいり)」が2大要因です。

45歳以上と45歳未満では原因が異なる

45歳以上では高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病などの生活習慣病を持っていると発症率が高くなります。また、肥満や喫煙歴もリスクになるので注意が必要です。

一方、若年性脳卒中のうち奇異性脳塞栓症は、脚の静脈などにできた血栓が、心臓の壁に空いた小さな穴から動脈に入り込んで脳の血管を詰まらせることで起こります。トイレで思い切り力んだ時など、静脈の圧力が上がったときに起こりやすく、また同じ姿勢を長時間続けることで、脚の静脈に血栓が生じるエコノミークラス症候群でも、奇異性脳塞栓症が起こりやすくなります。一方、若年性の動脈解離は、スポーツ中のちょっとしたアクシデントや交通事故などで頭部に衝撃を受けて生じるケースが多く、中には全く原因なしに起こることもあります。

治療方法とセルフケア

脳卒中から身を守るには「顔・腕・言葉で、すぐ受診!」

生活習慣を改善し、生活習慣病を治療することが脳卒中予防の原則です。しかし、万一脳卒中が起こった時は、脳卒中の発作をその場で見分けて、すぐに受診することが何よりも大切です。

脳卒中発作を見分ける秘訣は「顔・腕・言葉のチェック」。イギリスの救急隊が採用している脳卒中の判定法「FAST:Face, Arm, Speech, Time」の日本語版です。 まず顔(Face)は「歯をみせてイーッとできるかどうか」、次に腕(Arm)は「手の平を上に向けたまま『前へならえ』をして、目をつぶって5秒間維持できるかどうか」、そして最後に言葉(Speech)は色々話しかけて「ろれつが回っているかどうか」の3点をチェックします(イラスト参照)。このチェックは、簡単なわりに精度が高く、1つ当てはまるだけで7割以上の確率で脳卒中が見つかるそうです。この段階ですぐに受診できれば(Time)、脳血流を再開する初期治療の効果もぐっと上がります。

一過性の脳虚血発作にも「顔・腕・言葉」

そしてもうひとつ大切なのは、脳卒中の前段階である一過性の脳虚血発作(TIA)を見逃さないこと。文字通り10~30分ほどで、片方のマヒなど特有の症状が消えてしまうため「気のせい」と放置してしまう人が少なくありません。しかし、TIAの5%は48時間以内に本番の脳卒中を引き起こす可能性があり、侮ることは危険です。 幸い、TIAも「顔・腕・言葉」で発見することができます。何かおかしいと思ったらすぐにチェックしてみましょう。

脳卒中はお年寄りの病気ではありません。若い人もリスクをきちんと理解し、「顔・腕・言葉ですぐ受診!」を合い言葉にしてください。

「顔・腕・言葉」は、ここをチェック!

下記に1つでも当てはまる場合は、脳卒中の可能性があります。 すぐに神経内科、または脳外科を受診してください。 119番に通報する際は「顔・腕・言葉」に異常があることを伝えましょう。

脳卒中発作があると、マヒしている側が下がってきます。

Face 顔の麻痺

青のりがついていないか、イーッとしてください

脳卒中発作があると、マヒしている側が下がってきます。
脳卒中発作があると、マヒしている側が下がってきます。

Arm 腕の麻痺

手のひらを上に向けて「前へならえ」をしてください

脳卒中発作があると、マヒしている側が下がってきます。
※ この言葉に限らず、普段からよく話していることを何でも聞いてみましょう。脳卒中発作があると、ろれつが回らなくなります。

Speech 言葉

「太郎が花子にりんごをあげた」と言ってください

※ この言葉に限らず、普段からよく話していることを何でも聞いてみましょう。

脳卒中発作があると、ろれつが回らなくなります。

イラスト/ワタナベモトム

カラダの豆事典 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

いまから始める認知症を防ぐケア

痛風

運動の損と得

まずは生活習慣の改善から 脂質異常症

夏にも多い脳梗塞