カラダの豆事典

内視鏡検査と除菌で予防 胃がん

  • シェア
  • ツイート

切って治す、というイメージがある胃がん。しかし、最近は「予防できるがん」へと認識が変わりつつあります。虎の門病院消化器内科・内視鏡部の貝瀬満先生にお話をうかがいました。

原因

胃がんの99%はピロリ菌が関与

原因:胃がんの99%はピロリ菌が関与

最近の研究から、日本人の胃がんの99%にヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)が関与していることがわかってきました。ピロリ菌は胃の粘膜に生息している細菌です。口から感染するので一昔前の不衛生な環境下ではほとんどの人がピロリ菌の保菌者でしたが、衛生状態が改善した今では、がん年齢である40代の感染率が20~25%にまで下がっています。 ピロリ菌に感染すると胃粘膜が炎症を起こし、胃の痛みや不快感、吐き気を伴う慢性胃炎や胃粘膜の組織が消えてしまう萎縮性胃炎へと進行していきます。萎縮性胃炎は「前がん状態」と呼ばれ、胃がんの発症リスクがとても高い状態です。

予防

まず、内視鏡検査を受けてみましょう

感染率が下がったとはいえ、40代でも4~5人に1人は胃がんリスクを抱えています。また、家族にピロリ菌の保菌者がいる場合は感染リスクが上昇します。胃がんの発症リスクを知り、発症を予防するには、ピロリ菌感染の有無を調べる必要があります。まずは内視鏡検査によるピロリ菌検査を受けてみましょう。 内視鏡検査が苦手、という方は血液検査や吐き出した息を調べる検査(呼気検査)、便中抗原検査などの方法を複数組み合わせて詳しく調べることもできます。

ピロリ菌の除菌で胃がんを予防

内視鏡やその他の検査方法でピロリ菌の感染が明らかになった場合、選択肢は2つあります。1つは毎年、内視鏡検査を受けて経過観察を続けること。もう1つは、ピロリ菌の除菌治療で胃がんの発症リスクを軽減することです。 除菌治療では、胃酸を抑える薬と2種類の抗菌薬を7日間飲み続けます。再検査でピロリ菌が確認されなければ、治療は終了です。万が一、除菌が成功しなかった場合は、抗菌薬の種類を変えて再び除菌治療を行います。除菌により、感染期間が長く重度の萎縮性胃炎の人でも発がんリスクを3分の1以下に、30歳未満の若い世代では発がんリスクを限りなくゼロに近づけることが期待できます。

治療

早期なら内視鏡で治療ができる

胃がんの治療も進歩しています。がん細胞が胃粘膜の表面に止まっている早期がんでは、口から入れた内視鏡でがん病変を取り除くことができます。適応が限られているので、もし胃がんが発見された場合は、主治医とよく相談してください。

進行がんにも期待の薬が登場

胃がんは「治りやすいがん」というイメージがありますが、手術ができないほど進行していたり、リンパ節や遠くの臓器に転移がある場合、治療成績は芳しくありませんでした。しかし最近は、内服する抗がん剤やトラスツズマブという分子標的薬(がん細胞を狙い撃ちする薬)が使えるようになり、長期の延命が期待できるようになりました。トラスツズマブはがん細胞を増やすHER2というタンパク質の働きをじゃますることで、がん細胞が増えるのを抑えるお薬です。従って、HER2を持たないがん細胞には効き目がありません。日本の胃がん患者さんの2割はHER2が良く効くタイプのがんだといわれています。また、2013年6月には胃がんの第一選択薬に、ジェネリック医薬品が初めて登場しました。 期待の薬が出てきたとはいえ、進行胃がんの治療は身体にもおサイフにも厳しいことは確か。発症予防と早期治療に勝る治療法はありません。2013年の2月から、慢性胃炎があり内視鏡検査でピロリ菌感染が確認された場合は、二次除菌まで健康保険が使えるようになりました。また、自費診療で検査と除菌治療を受けることもできます。確実な胃がん予防のために、内視鏡検査を受けてみましょう。

胃がん予防には「減塩」と「新鮮な野菜や果物」

胃がん予防には「減塩」と「新鮮な野菜や果物」
国内外の様々な研究から、ピロリ菌に荒らされた胃粘膜をさらに傷つける要因のひとつに「塩」があることがわかってきました。食事全体の塩分量を減らし、タラコやイクラなど高濃度の塩で保存している食品を食べる回数を減らしましょう。 また、国立がん研究センターがん予防・検診センターによると、新鮮な野菜や果物をほとんど食べない人に比べて、週1日以上食べる人は胃がんの発症率が低いことがわかっています。

イラスト/ワタナベモトム

カラダの豆事典 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

ノロウイルスによる胃腸炎

自治体でも受けられる 大腸がん検診

若い人にも増えている逆流性食道炎

便秘を改善して腸から健康に

みかんの皮で 冬の健康を守りましょう