カラダの豆事典

ストレスの緩和で防ぐ 男性更年期

  • シェア
  • ツイート

男性の皆さん、最近、ストレスを強く感じて元気が出なくなったり、眠りが浅くなったりしていませんか? もしかすると、それは男性の更年期障害かもしれません。男性の更年期障害は早い人では30代から現れます。早めに対処し、健康を目指しましょう。この病気について、順天堂大学医学部泌尿器科学講座教授であり、メンズヘルスクリニック東京・前立腺がんサポート外来主任担当医の堀江重郎先生に伺いました。

原因と症状

男性更年期ってどんなもの?

更年期障害というと、閉経前後の女性に起こる不定愁訴(ふていしゅうそ)を思い浮かべる人が多いと思いますが、男性にも更年期障害は存在します。
男性の更年期障害は「LOH(late-onset hypogonadism:遅発性の性機能低下)症候群」と呼ばれています。女性の更年期障害はエストロゲンという女性ホルモンの分泌低下で起こりますが、それに対して、「LOH症候群」は男性ホルモン(主にテストステロン)の減少が原因です。症状としては、やる気の減退やうつ症状、イライラ、頭痛、不眠、性欲減退などが挙げられます。自己判断は難しいですが、何をやるにも億劫になってきたら、「LOH症候群」を疑いましょう。

男性ホルモンの減少には個人差あり?

テストステロンの分泌のピークは20代です。その後、年齢を重ねるごとに低下していきます。ただ、テストステロンの減り方は個人差が大きく、女性の更年期障害のように発症年齢は一概に特定できません。そのため、30代で「LOH症候群」が現れてくる人もいれば、高齢になっても兆候がほとんど出ない人もいます。血中テストステロン値の基準値は300〜800/ng/mlと幅広いのですが、350ng/mlを下回ると男性更年期障害の疑いがあります。なお、テストステロンの数値はクリニックで検査することができるので受診してみましょう。

治療法とセルフケア

まずはストレスの緩和が第一

「LOH症候群」はメンタルの病気とも言えます。そのため、最大の原因となるストレスを緩和することが治療の第一歩になります。ストレスの原因は仕事だったり、人間関係だったりしますが、意外と自分では気がつかないものです。問診をする中で、患者さんのストレスを発見し、それに気づいてもらうことが治療の第一歩になります。ストレスの原因がわかれば、それを改善するための手段も見えてきますし、患者さん本人も少しは気が楽になるはずです。また、ストレスのほか運動不足や肥満も原因になります。

イキイキできる場所を見つける

仕事人間だった人が定年後に自分を活かせる場所がなくなることで、「LOH症候群」を発症することは少なくありません。生きがいがなくなるとテストステロンの分泌が少なくなり、「LOH症候群」を発症しやすくなります。反対に、自分がイキイキできる場所があるとテストステロンの分泌は高まります。趣味でゴルフやカラオケ、将棋などを楽しみ、自分がイキイキとできる場所を見つけることが「LOH症候群」の予防になります。

サプリメントや漢方薬も有効

ストレスの改善がうまくいかなかった場合、サプリメントなどを使用します。活性酸素によって細胞や血管がダメージを受けることを酸化ストレスと言います。酸化ストレスが増大するとテストステロンの分泌にも悪影響が出てくるので、これを抑えるサプリメントや疲労回復に効果のある漢方薬、バイアグラなどのED治療薬、食事療法などで対処します。それでも効果が見られない場合は、男性ホルモン補充療法を行います。

睡眠、食事、運動も大事

睡眠不足はストレスのもとです。睡眠時間を十分に取れば心身の疲労の回復が見込め、テストステロンの分泌にも好影響が出ます。食事は、肥満の元凶となる炭水化物や中性脂肪を増やす果糖の過剰摂取に注意し、バランスの取れた食生活を心がけましょう。また、運動で筋肉が強化されるとテストステロンの分泌は高まります。といっても、ハードな運動は逆効果になるので毎日10分程度の早歩きを実践するだけでも十分です。

カラダの豆事典 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

仕事中のイライラを撃退!職場でできるストレス解消法

ストレスがラクになるツボ

ストレスフルな生活と病気の関係

イライラ・不安の上手なおさめ方

新しい季節は運動で気軽にリフレッシュ!