差がつく医療のハナシ

メタボ改善で、医療費節減

  • シェア
  • ツイート

  • 樽井(だるい)さん

    健谷(すこや)課長、メタボという言葉はすっかりおなじみだけど、私たちの健康や医療にどんな影響を与えているのですか?
  • 健谷(すこや)課長

    特定健康診査、いわゆるメタボ健診が始まったのが2008年のこと。今回は、メタボ改善のメリットをお話しします。

メタボの基本をおさらいしよう

メタボとはメタボリックシンドロームを略したもので、言い換えると「内臓脂肪症候群」。これは、お腹の内臓のまわりに脂肪がたまった状態で、「お腹がぽっこり」「ズボンがきつい」というのが、代表的な危険信号です。

メタボは、糖尿病・高血圧症・脂質異常症(高脂血症)の、一歩手前の段階だと言えます。生活習慣病と呼ばれるこれらの病気は、食事・運動・喫煙などの、毎日の良くない生活習慣が積み重なって引き起こされます。

生活習慣病になると、動脈の血管が硬くなる動脈硬化が起きやすくなります。動脈硬化が進行すると、心臓に負担がかかったり、血管が詰まったりして、心臓病や脳卒中になる恐れがあります。糖尿病・高血圧症・脂質異常症(高脂血症)のうちの複数が重なると、そのリスクは一段と高くなります。

国民の健康をおびやかすメタボは、医療費の増大へとつながります。国民の健康を守り、膨らみ続ける医療費を抑えるために国が開始したのが、40~74歳を対象にした特定健康診査、いわゆる「メタボ健診」です。

健診の結果、腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上で、かつ血糖・血圧・脂質のうち1つでも異常がある人は、生活習慣の改善を促す「特定保健指導」を受けるように指導されます。

健谷課長の
「ここでチェック!」
男性85cm以上、女性90cm以上という数字は
覚えておきましょう。

特定保健指導は、リスクの程度に応じて(1)動機付け支援 (2)積極的支援 の2つに分かれます。どちらも、まずは医師・保健師・管理栄養士などから、生活習慣を改善するためのアドバイスを受けます。その6ヶ月後に、面接・電話・メールなどで、健康状態や生活習慣の改善状況を確認します。

(2)積極的支援 はさらに、6ヶ月後の確認までの間に、面接・電話・メール・FAX・手紙などで、生活習慣の改善が成功するように応援を受けられます。

メタボ対策で医療費節減の効果

厚生労働省は2014年に、2008~2011年度に特定保健指導を受けた約20万~30万人を対象とした調査の結果を公表しました。それによって、腹囲・体重・血糖・血圧・脂質などの検査項目が、性別・年代を問わず改善されることが明らかとなりました。

これに加えて注目したいのが、22万人以上を対象とした、医療費の比較結果です。2008年度に特定保健指導の積極的支援を受けた人の翌年度の医療費は、受けなかった人より男性で5,340円(34.8%)、女性で7,550円(34.0%)低かったことがわかりました。

つまり、メタボ健診で要注意と言われた人が特定保健指導の積極的支援を受けると、健康面だけでなく、医療費の面でもプラスの効果が得られるのです。

平成20年度特定保健指導積極的支援参加者と
不参加者の翌年度の年間1人当たり入院外医療費の比較(40~64歳)

出典:厚生労働省 「特定健診・保健指導の医療費適正化効果等の検証のためのワーキンググループ」における第二次中間取りまとめ(案)

メタボを放っておいてもいいことはありません。
意識的に対策を講じることは、体にもお財布にも優しい、というのが今回のハナシ。
最近お腹まわりが気になるという人は、ぜひともメタボ対策を!

  • メタボ対策はお財布も健康にしてくれるんですね。
  • そう、その意識が今回の差がつくポイント!
    これで明日も、すこやか、すこやか。

差がつく医療のハナシ 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

メタボが招くお金の損失! 7つのお得な健康管理術

運動するだけで医療費控除になる方法

運動する・しないで差がつく医療費

どこでも診療が受けられるって本当なの?

その病気、ホルモンの乱れが原因かも