健康応援レシピ

夕食で朝を変える!抗酸化・抗糖化レシピ「黒豚の焼酎蒸し」

  • シェア
  • ツイート

疲れも老化も吹き飛ばせ!

朝から元気に過ごすには、実は前日の夕食のメニューが大切です。今回ご紹介する「黒豚の焼酎蒸し」は、疲れがとれるうえに「抗酸化」と「抗糖化」にもつながります。「抗酸化」は、疲労・老化・病気の元となる活性酸素を除去する働きを指します。
一方、「抗糖化」とは、過剰に摂取した糖が血中に長くとどまり、糖と結合したたんぱく質が老化や病気の元となる物質(AGEs)に変形するのを防ぐことを指します。

疲労回復だけにとどまらない、ごまのパワー

豚肉のビタミンB1は、疲労回復に効果的です。パプリカのβカロテンやビタミンCには、抗酸化作用があり、βカロテンは油と一緒に摂ると吸収率が高まるので、豚バラの脂身・ごま・ごま油・ラー油などと一緒に食べる今回のレシピにはぴったりです。ごまにはビタミンB1のほかに、抗酸化作用があるビタミンEやゴマリグナンのひとつであるセサミンも含まれています。ビタミンEは血行を促進するので、しみ・しわを予防し、ホルモンの働きを整えてくれます。セサミンは特に強い抗酸化作用があり、動脈硬化・心筋梗塞・高血圧を予防します。また、二日酔いを防いだり、脂肪燃焼を促進したりするといわれています。
抗糖化には、食材と調味料の糖分を減らすことと、食物繊維が多い野菜・きのこ・ごまなどを食べて血糖値の上昇を緩やかにすることのダブル戦法が効果的。料理に使うお酒は、糖質を含む日本酒よりも糖質を含まない焼酎を選ぶことで抗糖化につながります。疲れや年齢に負けないカラダづくりの第一歩として、まずは毎日の夕食から見直しみてはいかがでしょうか。

オススメレシピ

黒豚の焼酎蒸し216Kcal(1人分換算)

材料(4人分)
黒豚バラ肉(薄切り)150g
白菜250g
しめじ1パック
パプリカ(赤)1/3個
水菜70g
焼酎50ml
ごまピリ辛ぽん酢
  • ・ぽん酢しょうゆ60ml
  • ・ごま油大さじ1
  • ・ラー油小さじ1/3
  • ・すりごま(白)大さじ1
  1. 1

    豚肉は5~6cm幅に切ります。
  2. 2

    白菜は4~5cm角に切り、しめじは石突きを取り除いて小房に分け、パプリカは食べやすい大きさに切ります。水菜は7~8cmの長さに切ります。
  3. 3

    ごまピリ辛ぽん酢の材料を合わせます。
  4. 4

    鍋か蓋付きのフライパンに、しめじ、白菜、豚肉の順に半量を重ね、その上に残りの半量を順に重ねます。パプリカを上にのせて焼酎をふりかけ、ふたをして弱火で約15分蒸します。仕上げに水菜をのせ、しんなりするまでさらに蒸します。器に取り分け、好みで(3)をかけていただきます。シリコンスチーマーを使用する場合は、商品個々の取扱説明書に従って調理時間を調整してください。

健康応援レシピ 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

意外に多い!耳の病気の症状と対策

身近な食材でできる薬酒

初夏に仕込む体においしい健康酒

めまいとメニエール病

目薬を正しく使って、節税もできる?