健康応援レシピ

肝臓にやさしいレシピ「えびとアスパラガスのチーズ炒め」

  • シェア
  • ツイート

働き者の肝臓を、食事でケアしよう!

アルコールの分解をはじめ、消化を助ける胆汁の生成・分泌、糖質や脂質の代謝など、さまざまな機能をもつ肝臓。誰もが日頃から大変お世話になっている、心強い存在だといえるでしょう。そんな働き者の肝臓も、食べすぎ・飲みすぎや過度なダイエット、ストレス、睡眠不足、便秘などによる負担が大きくなると、機能が低下してしまいます。そこで、食事で肝臓をいたわってあげてはいかがでしょうか。今回ご紹介するのはイタリアン風味の味付けで、イタリア国旗の色である緑、白、赤を表した見た目も鮮やかな、肝臓にやさしいレシピ「えびとアスパラガスのチーズ炒め」です。

えびとアスパラガスの高い抗酸化作用

肝機能を高める栄養成分の代表格といえば、アミノ酸の一種であるタウリンです。えびには、このタウリンが多く含まれています。また、えびのアスタキサンチンがもつ抗酸化作用によって、肝機能の活性化が促されます。
グリーンアスパラガスに含まれるβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンPの一種であるルチン、グルタチオンにも、肝機能を活性化させる高い抗酸化作用があります。肝機能を低下させる原因の一つにストレスが挙げられますが、ビタミンCとビタミンEには、ストレスへの抵抗力を高める作用もあります。さらに、グリーンアスパラガスに多く含まれるアスパラギン酸とGABAは、肝機能の改善効果が期待できるといわれています。

オススメレシピ

えびとアスパラガスのチーズ炒め230Kcal(1人分換算)

材料(4人分)
えび16尾(240g)
グリーンアスパラガス1束
マッシュルーム 1パック
にんにく1片
オリーブ油 大さじ2
少々
白ワイン1/3カップ
スープの素小さじ2
カマンベールチーズ1箱(125g)
こしょう少々

  1. 1

    えびは殻と背わたを取り、サッと洗って水気をふきます。

  2. 2

    グリーンアスパラガスは根元から1cmぐらいのところで切り落とし、塩を入れた熱湯で下ゆでします。色よくゆで上がったら、5cmくらいの斜め切りにします。

  3. 3

    マッシュルームは厚めにスライスし、にんにくは包丁で押し潰します。

  4. 4

    フライパンに押し潰したにんにくとオリーブ油を入れて火にかけ、香りが立ってきたらえびを入れて焼きます。

  5. 5

    えびの色が変わったら(2)のグリーンアスパラガス、(3)のマッシュルームを加えて炒め、全体がしんなりしたら塩、白ワイン、スープの素を回しかけます。

  6. 6

    全体になじんだら、カマンベールチーズをちぎりながら加え、とろけたところで火を止め、こしょうをふります。

健康応援レシピ 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

心の不調は脳の栄養不足!「さば缶とトマトのスープ煮」

鼻づまりにいいレシピ 「レンコンとさんまの塩唐揚げ」

疲労に負けないためのレシピ「鮭と緑野菜のレモンクリームパスタ」

彩り豊かでヘルシー「鮭と春菊のスタミナサラダ」

こってりでもローカロリー「豚ぺい焼き」