健康応援レシピ

疲労に負けないためのレシピ「鮭と緑野菜のレモンクリームパスタ」

  • シェア
  • ツイート

疲れの正体は活性酸素

疲れの正体は「活性酸素」と言われています。活性酸素はウイルスなどを攻撃してくれる反面、私たちの細胞を酸化(サビる)させて傷つけてしまう問題もあります。通常、活性酸素から細胞を守るためのシステムが体の中では機能していますが、運動・仕事などでのオーバーワークが続くと活性酸素が大量に作られ、細胞の修復ができず疲労につながることがわかっています。疲労の正体「活性酸素」を分解するためには、抗酸化力の高い食材を日頃から食事に取り入れることがポイントです。

抗酸化物質たっぷりメニューで活性酸素を分解

疲れの原因「活性酸素」を分解するためにおすすめなのが「鮭と緑野菜のレモンクリームパスタ」です。「鮭と緑野菜のレモンクリームパスタ」には、鮭の「アスタキサンチン」、ブロッコリーの「スルフォラファン」の強い抗酸化成分をはじめ、ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンの抗酸化ビタミンを同時に摂ることができます。また、具だくさんのパスタにすることで、噛む回数が増し、唾液の分泌も増やせるというメリットがあります。唾液には細胞を活性酸素から守る酵素が含まれるため、ゆっくりよく噛むことも忘れずに実践しましょう。

オススメレシピ

鮭と緑野菜のレモンクリームパスタ746kcal(1人分換算)

材料(2人分)
スパゲティ160g
生鮭2切れ
スナップエンドウ8本
ブロッコリー1/2個
レモンの皮(あれば国産)適量
(A)
  • ・塩・こしょう各少々
  • ・レモン汁大さじ1/2
白ワイン大さじ1
(B)
  • ・水1/4カップ
  • ・顆粒コンソメ小さじ1/6
  • ・生クリーム1/2カップ
  • ・レモン汁小さじ1/2
オリーブ油大さじ1

  1. 1

    スナップエンドウは筋を取り、ブロッコリーは小房に分ける。レモンの皮はせん切りにする。

  2. 2

    鮭は皮と骨を除いてひと口大のそぎ切りにし、Aをふってなじませる。

  3. 3

    スパゲティをゆでる。ゆで上がり3分前にブロッコリー、1分前にスナップエンドウを同じ鍋に加えてゆでる。

  4. 4

    フライパンにオリーブ油を熱し、汁けを切った②を焼く。軽く焼き色がついたら白ワインをふり、Bを順に加えて混ぜる。③のスパゲティ、野菜を加えて軽く煮つめ、器に盛ってレモンの皮を散らす。

健康応援レシピ 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

心の不調は脳の栄養不足!「さば缶とトマトのスープ煮」

鼻づまりにいいレシピ 「レンコンとさんまの塩唐揚げ」

おなかの調子が悪いときにも食べられるレシピ「とろろのせ豆腐のレンジ蒸し」

運動疲労の回復に最適なアミノ酸系レシピ「韓国風まぐろのとろとろ丼」

貧血によいレシピ「絹さやとそら豆とアスパラのグリーンサラダ」