健康応援レシピ

健康の“かなめ”は腸にあり!風邪予防ためのレシピ〈五目温やっこ〉

  • シェア
  • ツイート

風邪予防のために腸内環境を見直そう!風邪と腸の思わぬ関係

風邪対策と言えば「手洗い・うがい・マスク」で万全、と思っていませんか? 近ごろなにかと話題の「腸」。最近の研究で、腸は栄養を吸収するだけでなく、ヒトの体の7割もの免疫細胞が存在していることがわかっています。ということは、腸を健康に保つことで免疫力がアップし、外から入ってくる病原菌やウイルスに対する抵抗力が増すというわけです。腸内には100種類・100兆個ともいわれる腸内細菌が生息しているといわれ、善玉菌・悪玉菌・日和見菌といった種類があります。この腸内細菌のバランスが腸内環境の良し悪しを決めます。

善玉菌を“届ける食材”と“増やす食材”でダブルサポート

腸内環境を整えるためには「善玉菌」の数を減らさないことです。それには善玉菌を「届ける食材」と「増やす食材」をバランスよく摂ることが大切です。
今回ご紹介する〈五目温やっこ〉は善玉菌を「届ける食材」である発酵食品の納豆・キムチと、「増やす食材」である豆類の豆腐・油揚がたっぷり食べられる1品です。
納豆・キムチには納豆菌・乳酸菌が含まれ、腸にとって有益な菌を直接“届ける”効果があり、豆腐・油揚げには食物繊維やオリゴ糖が含まれ、善玉菌を“増やす”のを助けます。味のバリエーションを楽しみたい時には、オリゴ糖が含まれるネギやにんにくをトッピングするのも◎。火を使わず簡単にできるメニューです。ぜひお試しください。

オススメレシピ

五目温やっこ166kcal(1人分換算)

材料(2人分)
油揚げ1枚
キムチ50g
豆腐1/2 丁
ひきわり納豆1パック
温泉卵1個(市販)
しょうゆ少々
ごま油少々
白ごま少々

  1. 1

    油揚げは両面を網で焼き、1㎝角に切る。キムチは細かく切る。

  2. 2

    豆腐を2㎝角に切って器に盛り、キムチ、油揚げ、ひきわり納豆、温泉卵を盛り合わせる。

  3. 3

    しょうゆ、ごま油、白ごまをかけ、混ぜていただく。

健康応援レシピ 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

シンプル食材でスピードおかず「ニラ玉炒め」

疲労回復、免疫UPに!「エビとブロッコリーの中華炒め」

おなかの調子が悪いときにも食べられるレシピ「とろろのせ豆腐のレンジ蒸し」

旬のぶりと、寒い季節にうれしい食材が盛りだくさん 「根菜のタンドリーぶり丼」

免疫力を上げるツボ