月別テーマ

健康診断はカラダ情報の宝庫

  • シェア
  • ツイート

もうすぐ健康診断。今年はメタボって言われないように、ダイエットしなくちゃ。それにしてもどうして毎年受ける必要があるんだろ。ちょっと面倒だな……。

健康診断は「ずーっと元気」でいるためのキホン

通常、病院に行くのは自覚症状が出てからです。ところが、生活習慣病やがんといった病気は、初期の頃は自覚症状がないことが多く、自覚症状が出てから治療を受けても治療効果が低い場合があります。また、病気にかかりやすい生活を送っていると、さまざまな生活習慣病を発症する危険がありますが、本人はその危険性に気づいていないことも多いのです。そのため、自覚症状の出る前の段階で発見したり、将来どんな病気にかかりやすいかや、生活習慣の問題点などを事前に見つけ、病気を予防することが大切です。
そうした病気予防のために必要なカラダ情報の収集を行うのが、「健康診断」。健康診断を受けている人と、受けていない人とにかかる医療費を比較したところ、健康診断を受けていない人の医療費は70歳以降に大幅に高くなるというデータもあります。健康診断は、現在だけでなく将来にわたって、ずーっと元気でいるために欠かせない機会なのです。

健診前は「普段通りの過ごし方」で。注意を守らないとソンをする?!

健康診断ではさまざまなカラダ情報が得られますが、間違った情報や質の低い情報をストックしても仕方がありません。正しい情報、質の高い情報を得るためには、健康診断を受ける側、つまり私たちも気をつけないといけません。
例えば、健康診断前にこんな過ごし方をしている人はいませんか?

チェック

  • 1~2週間前から慌ててダイエットをする
  • 前日に激しい運動をして体重を落とす
  • 前日に夜更かしする
  • 前日の夜、気にせずに暴飲暴食する

「体重や腹囲を測るので、少しでもヤセておきたい」「前日からの過ごし方に制約があるのがイヤ」という気持ちもわかりますが、これでは正しいデータにはなりません。
まず、健康診断前にダイエットする人は、健康診断が終わると「あー、やれやれ」とばかりもとの生活に戻ることが多く、かえってリバウンドすることも。いつも通りの状態で健康診断に臨んでいたら、受けられたかも知れない健康指導を受ける機会も失ったまま、また1年、悪い生活習慣を続けてしまう可能性が高いのです。
前日に暴飲暴食をすれば、データに影響が出ることは想像がつきますが、激しい運動や睡眠不足も検査数値に影響することがあります。
せっかく貴重な時間を使って健康診断を受けたのに、体の正しい情報が得られないのはもったいないこと。健康診断の前はできるだけ普段通りに過ごし、前日や当日の注意は必ず守りましょう。

健康診断の「決まり」には理由がある

とはいえ、健康診断での決まりには「なんでだろう?」と感じることも多いかもしれません。実は、素朴なギモンを感じる様々な決まりには、すべて理由があるのです。ただ漠然と受診するよりも、決まりの理由を知って意識すれば、より正確なデータを得ることができます。

ギモンその1

なぜ前日9時までに夕食を終えなければならないの?

血糖、中性脂肪、肝機能、血圧などは、前日の食事内容に影響を受けます。中でも血糖値は「空腹時血糖」といって、食後10時間以上、水以外何も摂取しない状態で測る必要があります。そのため、朝から健康診断を行う場合の前日は、夕食を夜9時までに食べ終えなければ正確な数値がとれないのです。ちなみに個人差はありますが、アルコールは分解されるのに数時間~半日かかるため、前日のアルコールは控えましょう。

ギモンその2

当日はなぜタバコやガムも禁止なの?

タバコもガムも確かにカロリーはありませんが、胃のX線検査を受ける時はNG。タバコを吸ったりガムを噛んだりすると、胃壁が刺激され、胃液がたくさん出ます。すると胃の壁にバリウムがつきにくくなり、せっかく撮影しても再検査ということにもなりかねません。

ギモンその3

胃のX線検査の時にはなぜグルグル回るの?

X線は人体では骨以外のものは何でもすり抜けます。そこを、X線を通さないバリウムを飲んで胃壁に付着させることで、胃の中の状態を正確に撮影することができるのです。グルグル回るのは、バリウムを胃壁にまんべんなく付着させるため。「右」「左」という順番も胃の構造に合わせたものなので、逆向きに回った場合はやり直さなければなりません。ちなみにバリウムを服にこぼした場合も、そこだけX線を通さなくなるので着替える必要が。「こぼさず飲んで」と言われるのはそのためです。

ギモンその4

大腸がん検診の採便はなぜ2日分必要なの?

便の検査は、便に血が混じっていないかを調べます。大腸にポリープなどがある場合、毎日出血するとは限らないため、2日分の採便が望ましいのです。1日2回採るのはNG。便秘などで1日しか採便できなかった場合でも検査は可能です。また、正確に検査できないため、生理中の採便はできません。

アレにもコレにもちゃんと理由があったのね。
なんだか健康診断が楽しみになっちゃった♪

このテーマの関連記事はこちら

月別テーマ 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

胃食道逆流症の症状と対策

汗が臭くなる病気

夏までに間に合う1ヶ月ダイエット!

自治体でも受けられる 大腸がん検診

正月太りをリセットする!