月別テーマ

夜9時からはこう食べれば太りにくい

  • シェア
  • ツイート

最近、残業続きでどうしても夕食が遅くなってしまって……。そのせいか、お腹が少し出てきたみたい。夜遅く食べても太らない方法なんて、ないのかな?

夜9時過ぎてからの食事は「食べコツ」を工夫

夜遅く食べると、寝るまでの時間が短いため、十分にエネルギーを消費できずに余ったエネルギーが脂肪として蓄えられます。また、体内には脂肪を溜め込む働きのある「ビーマル1」というたんぱく質があり、24時間周期で増減を繰り返しています。「ビーマル1」は日中は低く、夜9時を過ぎると急増。そのため、夜9時過ぎてから食べたものは、同じ内容でも、ほかの時間帯よりも脂肪として体に蓄えられやすいのです。
できれば9時までに食べ終えるのが理想的ですが、仕事やつきあいなどでそうもいかないという人も多いもの。そんな場合でも、ちょっとした「食べコツ」に気を付ければ、太りにくくすることは可能です。
まずは、自分のいつもの食べ方が、太りやすい食べ方かどうかをチェックしてみましょう。下記のチェックにあてはまる数が多ければ多いほど、太りやすい食べ方と言えます。

遅い夕食の太りやすさ度チェック

  • 夕食時にはお腹がペコペコ
  • 食事時間は30分以内
  • 食事と一緒にアルコールを飲む
  • 揚げ物をよく食べる
  • カレーや丼物をよく食べる
  • 麺類をよく食べる
  • 食後にはデザートを食べる
  • 野菜のおかずはあまり食べない

食べコツ1

夕方6時までにおやつを摂る

昼食から夕食までの時間が長く空くと、体は脂肪を溜め込みやすくなります。夕食が9時以降になりそうな時は、脂肪を蓄積しにくい夕方6時までに間食を摂りましょう。おにぎりなど、炭水化物がメインで脂質が控えめなものを食べ、夕食では炭水化物を摂らないようにしましょう。夕食を2回に分けるイメージで。

食べコツ2

よく噛んで30分以上かけて食べる

噛むことによって脳に指令が伝わり、神経ヒスタミンが出ます。この物質には、食欲を抑えたり、体脂肪を分解する効果が。また、満腹サインを脳に送る「レプチン」というホルモンは食事開始30分後から出始めるので、ゆっくり食事をすることは食べ過ぎの防止にもなります。

食べコツ3

3つの「あ」を重ねない

頭文字が「あ」の「アルコール」「脂っこいもの」「甘いもの」は、いずれも摂りすぎると肥満の元に。夜9時過ぎたらできれば摂らないのが得策ですが、せめて、アルコールを飲んだら揚げ物は控えめに、甘いものは翌日に回すなど、3つの「あ」を重ねないようにしましょう。

食べコツ4

炭水化物はほんの少しに

ご飯やパンなどの炭水化物は貴重なエネルギー源ですが、夜、食べた後は寝るだけの場合は、そのエネルギーは使い切れずに余り、脂肪として蓄えられます。夜9時以降に食べるなら、炭水化物は抜くか、ほんの少しにしましょう。丼物やカレー、パスタなど、炭水化物がメインの食事は夜9時以降は避けて。

食べコツ5

まず野菜から食べる

夜遅いとつい面倒になって、野菜のおかずを省いていませんか。野菜は“9時から夕食”の味方。食べる順番は、“まず野菜から”を心がけて。最初に野菜から食べることで満腹感が得られ、脂ものや炭水化物などの量を抑えられます。酵素が摂れる生野菜⇒食物繊維の豊富な温野菜の順で食べると、より太りにくくなります。

食べコツ6

なるべく薄味で食べる

味の濃いおかずはごはんが進むだけでなく、むくみの原因にも。最近では、塩分を控えることでヤセやすくなる効果が注目されています。まずは何もつけずに食べてみて、薄い場合もしょうゆやソースはかけずに小皿にとってつける。これだけでも塩分は減らせます。

食べコツ7

朝食を抜かないことも大切

夕食が遅いからといって朝食を抜くのは禁物。「ビーマル1」は朝食を抜くと、増加してさらに脂肪を溜め込みやすくなります。夕食が遅くなっても朝食は少しでも摂るようにしましょう。

ちょっとした心がけでスリムはキープできるのね。
今度、残業で遅くなった時に試してみよっと♪

このテーマの関連記事はこちら

月別テーマ 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

食事を変えて手軽にやせる?気をつけたい「糖質制限」

秋に効く 魔法の食べ方教えます

水太りを解消するツボ

メタボ腹 解消の秘訣は菌にあった!

脂肪燃焼を助けるツボ