月別テーマ

油断できない 大人のフードアレルギー

  • シェア
  • ツイート

この前、友人が大好物のリンゴを食べていたら、急に苦しくなったんだって。気になって、検査を受けたてみたら、フードアレルギーって言われたんだって。それまではおいしく食べれていたのに…。てっきりアレルギーって子どもに多いものだと思っていたのに。誰か教えてー!

突然発症するフードアレルギー

日本人の2人に1人は何らかのアレルギーにかかっていると言われ、アレルギーを発症する人は年々増えています。中でも注目されているのが、大人になってから発症する「フードアレルギー」。それまで口にしてもなんともなかった食べ物が、ある日突然アレルゲンとなり、アレルギー症状を引き起こします。
フードアレルギーには、食べてすぐ症状が現れる「即時型アレルギー」と、数時間~数週間後に症状が出る「遅延型(遅発型)アレルギー」があります。「即時型アレルギー」の症状は、皮膚のかゆみや口の中のイガイガ、くしゃみや鼻水、呼吸困難、腹痛や下痢など。一方、「遅延型アレルギー」は頭痛やめまい、倦怠感、肌荒れ、情緒不安定などがあります。「遅延型」の場合、症状が多岐にわたることと発症が遅いことから、食物との因果関係に気付かない人が多いのです。また、好物だったり、健康や美容のために毎日食べているものがアレルギーを引き起こすケースも多いので要注意。成長したら治ることも多い乳幼児のアレルギーに比べ、大人のフードアレルギーは一度発症すると治らないケースが多いことも特徴。原因不明の不調が続いたら、その不調の前に食べたものをチェックしてみることも大切です。

ほかのアレルギーとの関連も

子どもの3大アレルゲンが「卵・牛乳・小麦」であるのに対し、大人の主なアレルゲンは果物や小麦、甲殻類が多いと言われています。果物のアレルギーは花粉症と合併することが多いです。イネ科の植物やブタクサなどにアレルギーのある人はメロンやスイカなどのアレルギー、ハンノキやシラカバにアレルギーのある人はリンゴ、桃、サクランボなどのアレルギーが出やすいことがわかっています。また、ゴム手袋をはめると皮膚が赤くなる「ラテックスアレルギー」の人は、アボカド、栗、バナナなどのアレルギーを起こしやすくなります。

なりやすいのはこんな人

  • 同じものを毎日食べ続けることが多い
  • 甘いものをよく食べる
  • 食べ物に好き嫌いが多い
  • 便秘がちである
  • 花粉症である
  • ゴムにアレルギーがある
  • ストレスがたまっている

どれもフードアレルギーの引き金になったり、悪化させたりする原因になります。一つでも当てはまった人は次のようなことに気をつけましょう。

フードアレルギーを避けるには

フードアレルギーの症状は先ほど述べたものが主ですが、ショックによる死亡事例も報告されています。いつ、どんな食物にアレルギー反応が出るかを予測することはできませんが、好きなものを安心して食べるためにも、注意したい生活習慣をご紹介します。

同じものを食べ続けない

「遅延型アレルギー」の場合は、毎日続けて食べているものが原因物質になりやすいと言われています。ヨーグルトや果物、卵など、朝食や昼食にいつも同じものを食べるという人は要注意。やめる必要はありませんが、毎日続けるのではなく1日おきに食べるなど工夫しましょう。

ストレスをためない

アレルギーは免疫力が低下すると起こりやすくなる反応です。免疫力を低下させる大きな要因がストレス。特に、まじめな人、完璧主義の人はストレスをためがちなので、適度に発散してためないようにしましょう。

肌につけるものにも注意

原料に加水分解小麦を使った石けんで洗顔していた人が、小麦アレルギーになったという例があります。皮膚や眼、鼻の粘膜から加水分解小麦が体内に毎日少しずつ入り込み、小麦アレルギーを起こしていたのです。フードアレルギーはアレルゲンとなる原因を口から摂り込む事だけでなく、皮膚や粘膜を通しても発症する場合もある事を知っておきましょう。

大人になってからも要注意なのね。
好きなものは1日おきにしよっと♪

このテーマの関連記事はこちら

月別テーマ 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

花粉症対策スイーツレシピ 「キウイのヨーグルトミニパフェ」

便秘を改善して腸から健康に

卵の殻で 家事の困りごとスッキリ

季節の変わり目は体調の変化に注意!

うつ病