月別テーマ

脂肪がどんどん燃える 意外な運動のコツ

  • シェア
  • ツイート

初夏のさわやかな気候で、なんだか体を動かしたくなってきた!でも、薄着になったらお腹まわりの脂肪が気になるなぁ。短時間でカンタン効果的に脂肪を落とす方法ってないのかな……?

まずはチェック「運動の常識」

1日中座りっぱなしだったり、移動は車が多かったり、運動不足を自覚している人は多いのではないでしょうか。15歳以上の日本人の約65%は運動不足というWHO(世界保健機関)の統計もあります。
「運動不足を解消したい!」と心がけるのはいいことですが、どんな運動が効果的なのでしょうか。下記のうち、正しいと思うものを選んで、あなたの運動の常識をチェックしてみましょう。

  • 激しい運動でないと脂肪は落ちない
  • 日常生活の中で行う活動は運動にならない
  • 20分以上続けて歩かなければ脂肪は燃焼しない
  • 運動を行う時間は朝が一番いい
  • 運動後の食事は何を食べてもOK

いかがでしたか? 昔は正しいとされていたものもありますが、どれも今では正しいとは言えません。では、いまどきの「運動の常識」とはどんなものなのでしょうか。

オススメは「中強度」の運動

昔は激しい運動を長時間するのが良しとされていましたが、最近では息が切れるほど激しい運動は、かえって脂肪が燃焼しにくくなることがわかってきました。
運動する時には糖質と脂肪が消費されます。その消費の割合は運動強度によって変わり、激しい運動の場合は糖質の割合が高い、つまり、脂肪消費率が低くなるのです。

脂肪を燃やしやすいのは、「楽だけどちょっとキツいと感じる程度」の有酸素運動。これには日常の中でできる「早歩き」や「階段の上り下り」がぴったりです。こうした運動を「中強度」の運動と言い、1日20分以上「中強度」の運動をすることが、ダイエットにも健康維持にも効果的だと言われています。

「中強度」の運動の目安は「ニコニコペース」とも言われ、「笑顔でギリギリ会話はできるけれど歌うのはムリ」という程度。年齢によっても強さが異なり、一般的に心拍数が「138-(年齢÷2)」となるような運動が、その人にとっての「中強度」です。例えば、36歳の人なら心拍数120が目安ということ。運動効果を確実にしたい場合は、一度、心拍計で測ってみると良いでしょう。最近は、スマホで測れる心拍計アプリもあります。

連続20分でなくてもOK

「有酸素運動は20分以上行わないと脂肪が燃えない」と思っている人も多いのではないでしょうか。これは、有酸素運動を開始してから約20分後には脂肪燃焼効果が高まるという意味で、20分までは脂肪が燃焼していないという意味ではありません。
連続して20分できなくても、5分でも10分でも脂肪は燃えるので、短時間でも積み重ねて合計20分以上を目指しましょう。

脂肪を燃やすなら空腹時に

空腹で血糖値が下がっている時に歩くと、糖のかわりに脂肪がエネルギーとして使われるので、脂肪を効果的に燃やすことができます。どうしてもお腹が減っていると歩けない人は、食後2時間半以上あけてからウォーキングをするか、食事を消化のいい炭水化物中心にしましょう。ただし、血糖に問題がある人は空腹時の運動は避けましょう。

夕方に運動するとトリプル効果

運動する時間が選べるなら夕方がベストタイミング。人間の身体は、朝よりも夕方の方が運動能力が高くなることがわかっています。また、夕方に運動を行うと夜の体温が上がり、熟睡しやすくなるという効果もあります。寝ている間に分泌される成長ホルモンの分泌量もアップ、運動後の疲れもとれやすいと、いいことずくめなのです。

運動の後は、野菜から食べる

運動した直後に、炭水化物や脂肪の多い食品を摂ると、脂肪に変わりやすいのでダイエット効果が半減。まずは野菜を食べてから、その後で炭水化物や脂肪をとると、脂肪がつきにくくなります。スポーツドリンクも糖濃度が高いので、歩いた直後は控えるようにしましょう。代わりに牛乳を飲むと筋力がアップし、脂肪が燃えやすい体になります。

激しい運動をすればいいわけじゃなかったのね。
これならラクしてスリムになれそう♪

このテーマの関連記事はこちら

月別テーマ 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

座ったままできるお腹ヤセ健康法

忙しくてもできるプチ運動習慣

肥満は万病の元!生涯医療費の違いを知ろう

夏までに間に合う1ヶ月ダイエット!

秋に効く 魔法の食べ方教えます