月別テーマ

油断できない!夏の冷え症

  • シェア
  • ツイート

ビアガーデンにバーベキュー、夏は楽しいことがいっぱいだけれど、暴飲暴食がたたってか最近体調がいまひとつ。夜眠れなかったり、下痢をしたり…。「冷房で冷えてツラい」と言う源木さんも、同じような不調があるみたい。もしかしたら、冷え症?元気な夏を取り戻したいな。

冷房&冷たい飲食物が原因

冷え症というと寒い冬をイメージしますが、実は夏の冷え症で体調を崩す人が多く油断は大敵です。
私たちの体は気温などの環境に応じて体温を調節する必要があるので、暑い季節には冷たいものを、寒い季節には温かいものを、というように、衣類や飲食物などで少しでも体温の調節をスムーズにしようとします。
昔から夏になれば、薄着で冷たいソーメンやスイカなどを食べ、冷たい麦茶を飲んで体を冷やしていました。しかし、冷房が完備された現代生活で同じようなことをしていると、夏の冷え症を引き起こします。

夏の冷え症の特徴は、内臓の冷えです。胃腸や膀胱が冷えて胃腸炎や膀胱炎、女性は卵巣や子宮が冷えて生理不順や不妊症にも繋がります。さらに自律神経の働きも乱れて、倦怠感や不眠、食欲不振を引き起こします。手足の先は温かいので、内臓の冷えは冷え症と気づきにくいのですが、放置していると冷え症が重症化する恐れがあるので十分注意しましょう。

冷えを招きやすい生活習慣

女性に冷え症が多いのは、体温の4割を産生する筋肉が男性より少ないからです。しかし現代は、日常的な運動不足や加齢が原因で男性も筋肉量が減り、冷え症に悩む人はとても多いので、夏に限らず筋肉づくりができる運動習慣が必要です。また、食生活の欧米化で玄米や発酵食品など体を温める和食から、脂身の多い肉や生野菜、牛乳、白いパンなど体を冷やす食事になり、冷えを招きやすくなっています。

さらに、水分を過剰に摂取する習慣も冷えのもと。排出できなかった余分な水が体に残ってしまい、体を冷やしてしまいます。成人が飲む1日に必要な水分量は、約1.2~1.5リットルといわれています。1回にコップ1杯程度(約200ml)を6~8回程度に分けて飲むようにしましょう。小まめに水分をとることは、熱中症予防にもなります。ちなみに熱中症対策には、ジュース並みに糖質が含まれるスポーツ飲料より糖質の濃度が低く塩分濃度が高い経口補水液が適していますが、日常的に水代わりに飲むものではありません。

冷房や冷えを招く生活習慣などで体が冷えると血管がぎゅっと収縮し、血液の流れが悪くなります。血液は体の末端にまで酸素や栄養を運ぶ重要な役割を担っていますが、血流が滞ると必要な成分が届かないばかりか、不要な老廃物が回収されにくくなってしまいます。

また、体温が下がると免疫力や代謝も低下することがわかっています。免疫力が低下すれば、さまざまなウイルスの影響を受けやすくなり、病気のリスクが高まります。代謝が落ちると、肥満やむくみ、便秘、肌荒れにもつながります。暑いからといって夏も油断せず、冷えない工夫をすることが大切です。

冷え症セルフチェック

自分では冷えていないと思っていても、実は冷えている人は多いもの。まずはセルフチェックで、冷えているかどうか確認してみましょう。

  • 手足が冷たいのに顔がほてることがある
  • 下半身太りが気になる
  • 手足がむくみやすい
  • アンモニア臭がする
  • 肌がくすんでいて、目の下にくまができる
  • 肌がかさかさしている
  • 首や肩、背中にコリやハリがある
  • 汗をかかない、または汗がたくさん出る
  • 便秘や下痢になりやすい
  • 頭痛がある
  • 生理痛が重くてつらい
  • 下腹部に触れると冷えている

3つ以上のチェックがあったら、夏でも冷えていると考えられます。下記の予防・改善法を実践しましょう。

陽性食品で体の中から温める

漢方では、食べ物は体を冷やす「陰性食品」と体を温める「陽性食品」に分けられます。陰性食品は暑い土地の原産で夏が旬、色が薄く、水分が多い傾向にあります。一方、陽性食品は寒い土地が原産で冬が旬、色が濃く、水分が少なく塩気が強い特徴があります。冷え症予防・改善には、夏でも陽性食品を食生活に取り入れましょう。
また、陰性食品も工夫次第で陽性食品に近づけることができます。豆腐や夏野菜などの陰性食品は生食を避けて加熱したり、体を温めるみそやしょうゆなどの調味料で料理したりしましょう。スイカに塩、きゅうりに味噌をつけるのは、体を冷やし過ぎない夏の知恵です。

●陽性食品

りんご、さくらんぼ、ごぼう、にんじん、れんこん、ショウガ、黒砂糖、玄米、そば、漬物、チーズ、海藻類、タラコ、ちりめんじゃこ、鮭、カニ、卵、赤身の肉や魚、黒豆など

●陰性食品

バナナ、みかん、すいか、レタス、白菜、きゅうり、白砂糖、バター、マヨネーズ、白米、うどん、牛乳、豆乳、化学調味料、緑茶、コーヒー、コーラなどの清涼飲料水など

マイボトルに「ショウガ紅茶」

陽性食品のショウガと紅茶で作る「ショウガ紅茶」は冷えを撃退する万能薬です。ショウガに含まれるジンゲロールという成分は温めることでショウガオールに変わり、冷房で冷えた体を深部から温めて血流をよくしてくれます。腎臓の働きもアップし、余分な水を尿としてスムーズに排出してくれます。その他、紅茶との相乗効果で免疫力増強、コレステロールの改善など幅広い働きを発揮します。便秘や下痢、頭痛、肩こりなど冷え症の不調も解消します。朝と入浴前に必ず飲むほか、何杯飲んでもいいので、マイボトルに入れて持ち歩いてもいいでしょう。

●ショウガ紅茶の作り方(1人前)

カップ1杯の紅茶に、すりおろしたショウガ1片を入れます。お好みで黒砂糖を入れてもよいでしょう。黒砂糖はビタミンやミネラルが豊富で、代謝促進効果があります。

夏腹巻で冷えからお腹を守る

大切な臓器や血液が集まっているお腹を冷えから守ってくれるのは、腹巻です。お腹を温めると臓器の働きがよくなり、全身に温かい血液を送ることができます。また、腸には病気を防ぐリンパ球が全体の6~7割集まっているので、腸を温めて活性化すると免疫力がアップします。夏用に薄手のコットンやシルクの腹巻があり、デザインも豊富。冷房による寝冷えが気になる人は、夜寝るときも腹巻はお忘れなく。
また、首・手首・足首の3つの首は冷えが入り込みやすい場所です。冷房の中で過ごすときはカーディガンやマフラー、ストール、レッグウォーマーを常備して、冷えを感じたらすぐに身につけるようにしましょう。

湯船に入って体温を上げる

夏はシャワーですませがちですが、1日冷房にさらされた体は冷え切っています。夜の入浴は5~10分でもいいので必ず湯船につかりましょう。じわっと汗が出るまでつかれば、体温も約1度上昇するといわれています。また、湯船につかれば下半身に水圧がかかり、血液やリンパ液が押し上げられてむくみが改善。内臓の働きも活発になり代謝もアップといいことずくめです。

運動で筋肉量を増やす

冷え症を根本的に改善する方法は、筋肉づくりです。筋肉量が多いとたくさんの熱が作れるため、体が冷えにくくなります。筋肉の約70%は下半身に集中しているので、太ももやお尻などを意識して鍛えると効率的に増やせます。

筋肉を増やすには、スクワットやもも上げなどのトレーニングがオススメですが、日常的にエスカレーターやエレベーターを使わずに階段を使うほか、家事や歯磨きのときにつま先立ちをするだけでもよいでしょう。いずれも毎日続けることが肝心です。

●スクワットのやり方

足を肩幅ぐらいに開いて立ち、両手を頭の後ろに当て、お尻を突き出し、イスに腰かけるようなつもりで腰を落とします。この体勢を7秒間キープしたら、ゆっくり元の姿勢に戻ります。これを5~10回繰り返すことから始め、慣れてきたら回数を増やしていきましょう。

マイボトルにショウガ紅茶で
夏の冷え症を撃退しよっと♪

このテーマの関連記事はこちら

月別テーマ 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

生活習慣の見直しで、手軽に免疫力の高いカラダへ

朝が変わる!寝る前のちょこっと習慣

夏の疲労回復

胃食道逆流症の症状と対策

おなかの調子が悪いときにも食べられるレシピ「とろろのせ豆腐のレンジ蒸し」