ツボ百科

いびきを軽くするツボ

  • シェア
  • ツイート

朝起きると口が渇いている、きちんと眠っているはずなのに眠った気がしない、日中眠気がある、集中力がない……そんな人はもしかして、寝ている間に「いびき」をかいているのかもしれません。ひどいいびきは、睡眠障害につながることも。いびきを軽くするツボで、快眠を目指しましょう。

いびきはなぜおこる?

通常起きているときは、気道は筋肉で支えられているため狭くなることはありません。しかし、睡眠中は筋肉が弛緩して気道周りが狭くなります。呼吸の際に、この狭い気道の粘膜を通過する空気が振動して音が出ます。これが『いびき』の正体です。誘因としては、扁桃腺の肥大、鼻炎による鼻づまりなどの体質的なものや、肥満による気道付近の圧迫、飲酒や喫煙によるのどの腫れなどさまざまです。

いびきを放っておくと?

狭くなった気道から十分に空気が入らない状態が続き酸素不足になると、脳や身体へダメージを及ぼすほか、眠りが浅くなった結果、日中もボーッとするなど日常生活にも悪影響が。また、ひどいいびきを放っておくと、睡眠中に何度も呼吸が停止する『睡眠時無呼吸症候群』になってしまうこともあります。重度の睡眠障害だけでなく、高血圧や心筋梗塞などの心疾患による突然死のリスクも高まるという研究結果もあります。
最近では、妊娠中のいびきの危険性も指摘されるようになりました。妊娠で体重が急激に増えることによって首回りの脂肪も増え、気道を圧迫していびきをかくようになることがあります。すると睡眠中に胎児にも十分に酸素が送られないため、妊娠中毒症の危険性が高まることがあるので注意が必要です。

Let's ツボ押し!

迎香(げいこう)

迎香(げいこう)

鼻を広げて、鼻の通りをよくするツボ。鼻水、鼻づまりを改善するツボとしても知られています。

場所
小鼻の両脇にあるツボ。
押し方
両手のひとさし指を左右のそれぞれのツボにあて、大きく深呼吸しながら顔の中心に向かって20回ほど刺激する。
迎香(げいこう)

人迎(じんげい)

人迎(じんげい)

首回りの血行をよくして、首の余分な脂肪を落とす効果が期待できるツボ。のどの腫れや痛みにも効果的です。

場所
のど仏から約指2本分外で、左右にそれぞれ脈拍を感じるところ。
押し方
親指とひとさし指で軽く触れて左右に揺する。テレビを見ながらなど、80回くらい揺するのが理想的。
人迎(じんげい)
監修/古賀直樹(こが なおき)先生

監修/古賀直樹(こが なおき)先生
鍼灸学士・カイロプラクター・整体師
明治国際医療大学 鍼灸学部・鍼灸学科卒。1998年、中野坂上治療院を設立。著書に『ツボ療法ツボ体操の健康読本』(秀和システム)など。

イラスト/堀川直子

ツボ百科 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

禁煙のツボ

免疫力を上げるツボ

安眠を助けるツボ

怖い病気が隠れていることも いびき

鼻水・鼻づまりに効くツボ