ズボラ健康法

日常のひと工夫で消費カロリーをアップ!

  • シェア
  • ツイート

普段なかなか運動ができない、という人も日常の中でちょこちょこと動くことで効率よくカロリーを消費できることができます。あなたが日常生活の中でこなしている仕事や家事でも、意外とカロリーを消費していることをご存じですか?

日常生活で、こんなにもカロリーを消費している!

朝起きて、出勤して、パソコンでメールを送って、資料をコピーして、会議に参加して…。これらはごく一般的な会社員のオフィスワークですが、知らず知らずのうちに、カロリーが消費されているのです。同じように、家事をこなすことによっても、カロリーは消費されています。

日常生活におけるカロリー消費一覧

オフィスワーク 男性 女性
会議(1時間) 102kcal 79kcal
徒歩での通勤(15分) 68kcal 53kcal
立って会話や電話をする(30分) 61kcal 47kcal
一般的なオフィスワーク(30分) 51kcal 39kcal
PCのタイピング(30分) 44kcal 34kcal
コピー機の操作(5分) 13kcal 10kcal
家事 男性 女性
洗濯物を干す(30分) 137kcal 105kcal
掃除機がけ(30分) 113kcal 87kcal
子どもを風呂に入れる(30分) 102kcal 79kcal
植物への水やり(30分) 85kcal 66kcal
皿洗い(10分) 20kcal 16kcal
ペットへのエサやり(5分) 14kcal 11kcal

出典:改訂版『身体活動のメッツ(METs)表』(独立行政法人 国立健康・栄養研究所)

※消費カロリーは体重によって異なります。ここでは男性を65kg、女性を50kgとして計算しています。

摂取カロリーの目安
缶コーヒー(1本・190g) 72kcal
ビール(中ジョッキ・350ml) 140kcal
ご飯(一杯:150g) 252kcal

出典:五訂増補日本食品標準成分表

プラスαの動きで、消費カロリーをアップ

仕事や家事に追われる毎日の中で、運動のための時間を確保するのは、なかなか難しいもの。日常の動きに、もうひとつ動きを加えることで、消費カロリーを増やすことができます。慣れてきたら、その動きの時間を長くしたり、回数を増やしたりすることで、さらに消費カロリーはアップします。ちょっとした工夫ではありますが、ぜひ取り入れてみましょう。

運動不足解消のために、何から始めていいのかわからないという人は、まずはこのズボラ健康法から始めてみませんか?

ズボラ健康法 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

いつまでも自分の足で歩きたい 足腰の筋肉を鍛えよう

足先のトラブル解消法

肥満症

今年こそ「脱メタボ」!

夏までに間に合う1ヶ月ダイエット!