ズボラ健康法

歯ブラシなしでできる!? 指磨きの効果

  • シェア
  • ツイート

虫歯予防の基本は毎日の歯磨きですが、健康な歯を保つには、歯周病などの対策にも力を入れたいもの。しかし、外出先などで歯ブラシを携帯していない場合、忙しくて歯医者に通うのが難しかったり、歯のケアに時間をかけられなかったりする場合もあるかもしれません。そんな方におすすめなのが、歯ブラシを使わず手軽にできる指磨きです。

指磨きで手軽に歯周病の予防を

歯周病は、歯肉(歯ぐき)や歯槽骨(しそうこつ)など、歯を支える土台の病気の総称で、歯肉炎や歯槽膿漏(しそうのうろう)なども含まれます。歯周病の予防には、毎日の歯磨きに加え、歯医者でクリーニングや歯石除去などをしてもらうことが有効です。しかし、頻繁に歯医者に通うのはなかなか難しいもの。そこで、空いた時間に歯ぐきをマッサージすることで歯周病の予防ができる、指磨きを試してみてはいかがでしょうか。

指磨きの仕方

指磨きは、歯と歯ぐきの間の境目にあたるところ(歯の根元)に、歯と垂直になるように人差し指を押し当てて、心地よいと感じる程度の力で行います。

  • 口の中全体を上の歯と下の歯あわせて30秒ほど縦、横それぞれの方向に小刻みに動かします。ポイントは歯ブラシで歯を磨くときをイメージして。
  • 奥歯から前歯に向けて、3~5回ゆっくりと歯をなでるように指を滑らせます。
  • 下の歯から上の歯に向けて、クルクルと孤を描くように動かします。歯と歯の間のものをかき出すイメージで行うと良いでしょう。

これを1日1回行うと、歯ぐきの血流が促進され、歯肉の炎症が改善します。その結果、歯周病の予防効果が期待できます。指磨き用に開発された、指サック状の歯ブラシが販売されているので、それを利用しても良いでしょう。

うがい不要の便利なグッズ

歯の健康だけでなくエチケットの観点からも、一般的な歯ブラシや、小型の電動歯ブラシをポーチなどに入れて持ち歩く人が増えています。しかし、どこでもできるわけではなく、うがいをするための水場は、どうしても必要になります。それらを確保できないときや、忙しくてどうしても歯磨きをする時間がとれないときは、歯磨きティッシュを使ってより丁寧な指磨きをしてはいかがでしょうか。歯ブラシの代わりに歯の表面をティッシュで磨くだけなので、とても簡単です。この歯磨きティッシュは、口の中に潤いを与える成分やキシリトールなどが配合されていて、歯磨き粉は必要ありません。どこでも使えて、使用後はゴミ箱に捨てられます。応急処置的な方法ですが、とても便利なので、どうしても歯磨きができないときは試してみるのも良いかもしれません。ただしマナーの点から、人目につかないところで行うようにしましょう。

ズボラ健康法 一覧ページへ
あなたにオススメ記事

夏太りを防ぐレシピ
「イカとアスパラのレモン炒め」

歯痛をやわらげるツボ

暮らしを快適にする 炭の利用法

夏にも多い脳梗塞

こまめな補給が大切?気を付けたい水分補給のポイント