安全管理業務を通じて、
医薬品の適正使用を推進する

安全管理職は、日々蓄積される安全管理情報(副作用など)をベースとして医薬品の適正使用を推進し、医薬品のリスクを最小化することがミッションです。
基本となる業務は、医薬品の安全管理情報を収集し、評価・検討した上で必要な措置を講じることです。安全管理情報は、MRが収集するもの以外にも直接医療従事者や患者さんから収集するもの、学会報告や文献によるものなど、様々な経路から得られます。措置としては、副作用など安全性に関する医療機関向け資材や、患者さん向けの指導せんなども作成しています。
さらに、医療従事者からの安全性に関する問い合わせに対応したり、患者さんからのお薬相談窓口としての対応も行います。
また、使用成績調査や抗菌薬の耐性菌調査も監視活動として行っています。
薬学知識を幅広く生かす業務です。