プレスリリース

沢井製薬について

2002年プレスリリース

2002年06月12日

沢井製薬 ジェネリック医薬品の啓発ビデオで受賞― 第40回 日本産業映画・ビデオコンクール 奨励賞 ―

沢井製薬㈱企画、東京シネ・ビデオ㈱制作のジェネリック医薬品啓発ビデオ「なによりも患者さんのために」が、平成14年6月11日、第40回 日本産業映画・ビデオコンクールで奨励賞を受賞いたしました。

このコンクールは、(社)日本産業映画協議会が主催し、文部科学省、経済産業省の後援を受けているもので、今回は100本の参加作品がありました。

日本ではジェネリック医薬品の普及が遅れていますが、欧米、とりわけアメリカでは既に日本の約5倍も活用されています。受賞作品は、ロサンジェルスでロケを行い、アメリカにおける最新のジェネリック医薬品使用状況を踏まえて、医療関係者はもとより、ジェネリック医薬品の有用性を広く国民にPRし、ジェネリック医薬品のより一層の普及拡大の推進力となる役割を果たすべく制作したものです。また、このビデオと同内容のCD-ROMも制作し、これまでに2万5千枚を配布しています。

当社は今後も微力ながらジェネリック医薬品の啓発・普及に努力してまいります。

一覧に戻る