プレスリリース

沢井製薬について

2003年プレスリリース

PDFファイルで表示 [115KB]

2003年03月05日

沢井製薬協賛シンポジウム『納得できる医療を受けるために~医師・薬剤師との賢いつきあい方とは~』

沢井製薬(株)は、昨年10月に東京で開催されたシンポジウムに引き続き、平成15年4月12日 大阪千里中央のよみうり文化センターにて開催されるシンポジウム「納得できる医療を受けるために~医師・薬剤師との賢いつきあい方とは~」に協賛します。

今年4月にはサラリーマンの医療費自己負担の増加が見込まれています。私たち国民の医療に対する関心は、コストを含めてより一層高まっていくのではないでしょうか。そこで今回のシンポジウムでは、各界のオピニオンリーダーの方々に、患者にとって安心、かつ合理的な医療を受けるにはどうすればよいか、またこれからの医療機関(医師・薬剤師)と患者はどのようにコミュニケーションを取り、そして信頼関係を作ってゆくのか、最近話題のジェネリック医薬品とは、と言った私達が今一番知りたいテーマについて分かりやすく意見を交わして頂きます。

第1部では武藤正樹国立長野病院副院長と三屋裕子筑波スポーツ科学研究所副所長のジェネリック医薬品を中心とした対談、第2部では武藤正樹院長、中野次郎医療法人仙養会北摂総合病院理事、漆畑稔日本薬剤師会常務理事、草野満代キャスター、永井由起子キャスターに「医師・薬剤師と上手につきあおう」をテーマにパネルディスカッションをして頂きます。

参加のお申し込みは、シンポジウムホームページ、もしくはお問い合わせ電話番号 06-6209-1272(平日 10:00~17:00)にて受け付けており、抽選で600名の方をご招待いたします。

一覧に戻る