プレスリリース

沢井製薬について

2004年プレスリリース

PDFファイルで表示 [8KB]

2004年07月12日

三田工場 第2期建設工事の着工について

沢井製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:澤井 弘行)は、平成16年7月12日三田工場(兵庫県三田市)の第2期建設工事に着工いたしました。

当社は、主力の九州工場をはじめ、大阪工場、三田工場、関連会社 メディサ新薬(株)九州工場の4工場による生産体制をもとに、高品質のジェネリック医薬品を安定供給しております。これまでにも、ジェネリック医薬品の需要の高まりに先駆け、九州工場を中心に生産能力増強を重ねてまいりました。

このたび、特殊製剤の自社一貫製造による高品質の確保と製造コスト削減を図るため、三田工場の増設に着手し、あわせて一般製剤の増産体制の整備を図ってまいります。また、医療関係者からの工場見学希望の増加に対し、九州工場に加え、三田工場へも新たに見学ルートを設置いたします。

<第2期建設工事概要>
・構造  鉄骨造 5階建
・建設延べ面積  約6,000m2(既設部分との合計:約9,400㎡)
・総工費  約23億円
・工期  平成17年2月 完工予定
・生産能力  一般製剤:1.5億錠/月(5割増)
         特殊製剤:1,000万錠/月(新規)

一覧に戻る