プレスリリース

沢井製薬について

2011年プレスリリース

PDFファイルで表示 [918KB]

2011年11月28日

施設利用料・ヘルパー代、そして薬代 全て負担に感じる認知症の医療コスト 認知症介護者 意識調査~医療コストへの意識と医師・薬剤師への要望~

沢井製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:澤井光郎)は、高齢者人口の伸びに伴い、2005年には169万人であった患者数も、2015年には250万人にまで達すると言われる認知症について、認知症介護者の医療コストに対する意識や医師・薬剤師への要望を、全国の認知症介護者206名、比較対象として生活習慣病患者206名、計412名を対象に調査を実施いたしました。

<<結果ハイライト>>
・月にかかる薬代は、平均すると、認知症介護者6,418円、生活習慣病患者4,456円で、約2,000円の差がある。生活習慣病患者が気にする医療コストの1位は「薬代」だが、認知症介護者は、「薬代」のみならず、「福祉施設利用料」「介護ヘルパー代」なども含めたあらゆる医療コストに負担を感じている。
・処方薬について重視することは、認知症介護者、生活習慣病患者ともに「効果」「安全性」「医師・薬剤師の薦め」である。さらに認知症介護者は、「飲みやすさ」「剤形」に関する重視度も高い。
・薬剤師に望む情報提供として、認知症介護者、生活習慣病患者ともに「副作用」「飲み方・飲み合わせ」と合わせ、「ジェネリック医薬品の有無」のスコアが高い。
・服用している処方薬のジェネリック医薬品への変更希望意向は、生活習慣病患者で41.7%と高く、認知症介護者では26.2%にとどまっている。認知症介護者、生活習慣病患者ともに、「医師・薬剤師に相談してから考える」のスコアが61.2%、46.6%と一番高く、医療従事者からの積極的な情報提供が望まれている。なお、変更したい理由としては「同じ効き目であれば、安く抑えたい」が多く、変更したくない理由としては、「現在服用中の薬で満足している」が多い。

<<調査に対する有識者のコメント>>
今回の調査結果について、認知症専門医が常勤し、認知症外来で年間800症例の識別診断を実施する横浜市総合保険医療センターのお二人に、現場の生の声を聞きました。

診療部課長 薬剤師 有山良一氏
認知症患者さんは生活習慣病の患者さんより薬代が高く、それ以外の医療・介護コストの負担が大きいにも関わらず、ジェネリック医薬品の存在が十分に理解されていないのが現状です。また認知症介護者の方たちは「副作用」や「飲み合わせ」などの薬剤に関する情報提供が不足していると感じており、認知症の症状から「飲みやすさ」や「剤形」に関する情報を強く望んでいます。認知症介護者の方たちは日常の介護生活にも追われ、また医療コストの面からも多大な苦労をされています。その中で少しでもコストの負担軽減に貢献できるよう説明を十分に行い、職務を全うすることが薬剤師の役割です。

診療部・地域精神保健部長 医学博士 塩﨑一昌氏
認知症において、早期からの診断と適切な投薬治療はQOLの面から重要です。もちろん患者さん個々でその症状は異なり、副作用などを考慮しながら適切な治療ができるよう務めなければなりません。また、認知症の場合、服用期間が長くなることが多く、加えて年金で生活されている患者さんも多いので、処方をする医師側も経済的負担に重々配慮すべきと考えています。認知症の新薬が続々と発売されている中、「標準的治療にはジェネリック医薬品を」という考え方は、認知症治療において一定の支持を得るのではないでしょうか。また認知症早期からの適切な投薬に結びつけるためには、かかりつけ医の先生方と我々専門医との連携強化が今後ますます重要になるでしょう。

<<調査設計>>
1.調査目的
認知症介護者の医療コストに対する意識、医師・薬剤師への要望を探る。今回は認知症という疾病の特性上、「認知症介護者」を対象とし、比較対象を「生活習慣病患者」として実施した。
2.調査設計
・調査対象:全国の40歳以上の男女412名
(内訳)
認知症介護者 206名
認知症(アルツハイマー型/脳血管性)を患い、処方薬を服用している患者の介護者(同居家族に限る)
生活習慣病患者 206名
高血圧症、糖尿病、脂質異常症を患い、処方薬を服用している患者
・調査方法:インターネット調査
3.調査時期
2011年6月14日(火)~15日(水)

<<アルツハイマー型認知症治療薬 初のジェネリック医薬品「ドネペジル」を発売>>
沢井製薬では、本日11月28日にアルツハイマー型認知症治療薬として初めてのジェネリック医薬品「ドネペジル」を発売いたしました。
処方・調剤される医療従事者の皆さまをはじめ、介護者の方々にも速やかに情報をお伝えし、認知症治療にかかるコストの負担軽減にジェネリック医薬品が少しでもお役に立てるよう努めてまいります。

<<詳細資料>>
こちらをご覧ください。

以上

一覧に戻る