プレスリリース

沢井製薬について

2012年プレスリリース

PDFファイルで表示 [123KB]

2012年09月20日

第22回日本医療薬学会年会にてランチョンセミナー共催 乳癌専門医が語る 乳癌治療における薬剤師への期待と役割

沢井製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:澤井光郎)は、10月27日(土)・28日(日)に新潟県・朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)で開催される「第22回日本医療薬学会年会」において、ランチョンセミナー「乳癌専門医からみた薬剤師への期待とその役割」を共催することになりましたので、お知らせいたします。

当セミナーでは、乳癌専門医である群馬大学医学部附属病院 外科系科乳腺・内分泌外科 臨床教授の堀口 淳氏に、乳癌治療において薬剤師が担うべき役割についてお話しいただきます。

◆大会概要
大会名:第22回日本医療薬学会年会
会期:平成24年10月27日(土)・28日(日)
会場:朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)

◆共催ランチョンセミナー概要
日時:平成24年10月28日(日)12時00分~13時00分
会場:H会場(朱鷺メッセ・展示ホール(ウェーブマーケット)2)
演題:乳癌専門医からみた薬剤師への期待とその役割
座長:新潟県立がんセンター新潟病院 臨床部長 佐藤 信昭 氏
演者:群馬大学医学部附属病院 外科系科乳腺・内分泌外科 臨床教授 堀口 淳 氏

一覧に戻る