プレスリリース

沢井製薬について

2012年プレスリリース

PDFファイルで表示 [14KB]

2012年09月20日

NPO法人アジア太平洋心臓病学会主催 一般市民向けシンポジウム 「非感染症疾患(NCDs)シンポジウム2012」にて 沢井製薬によるジェネリック医薬品に関する講演を実施

沢井製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:澤井光郎)は、9月30日(日)に京都府・京都大学芝蘭会館 稲盛ホールで開催される、NPO法人アジア太平洋心臓病学会主催の一般市民向けシンポジウム「非感染症疾患(NCDs)シンポジウム2012」において、当社取締役 戦略企画部長の澤井健造が演者の一人としてジェネリック医薬品に関する講演を行いますのでお知らせいたします。
NCDs(エヌシーディー)は「Non-Communikable Diseases」の略称で、心臓病・心筋梗塞・脳卒中などの心臓血管病、がん、肺疾患、糖尿病などの非感染症疾患の総称として呼ばれます。シンポジウム当日は各分野の有識者が、NCDs についてさまざまな角度から分かりやすく解説いたします。
沢井製薬は、ジェネリック医薬品メーカーとして、一般生活者の皆さまに正しくジェネリック医薬品について学んでいただけるよう積極的に講演活動を行っており、今回もその一環です。本シンポジウムを通じてNCDs およびジェネリック医薬品に対して知識を深めていただきたいと考えております。

◆シンポジウム概要
日時:平成24年9月30日(日)13時00分~17時50分
会場:京都大学芝蘭会館 稲盛ホール
主催:NPO法人アジア太平洋心臓病学会
定員:230名(先着順、無料)
参加方法:①住所、②氏名、③会社名・部署名、④電話番号、⑤FAX 番号、⑥E-mail アドレスを
       ご記入のうえ、学会事務局(FAX 075-744-0007/E-mail secretariat@npo-apsc.jp
       までFAX またはE-mail でお申し込みください。

◆沢井製薬によるジェネリック医薬品に関する講演概要
日時:平成24年9月30日(日)15時30分~17時 うち15分
会場:京都大学芝蘭会館 稲盛ホール
演者:沢井製薬株式会社 取締役 戦略企画部長 澤井 健造
演題:NCDs における後発医薬品の現状と展望

当シンポジウムのプログラム等、詳しくは下記アドレスをご覧ください。
http://www.sawai.co.jp/files/press/2012/20120920-04.pdf

一覧に戻る