プレスリリース

沢井製薬について

2012年プレスリリース

PDFファイルで表示 [47KB]

2012年10月11日

第51回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会にて ランチョンセミナー「乳癌治療における薬物療法とチーム医療」共催のお知らせ

沢井製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:澤井光郎)は、11月10日(土)に島根県・島根県民会館/サンラポーむらくもで開催される日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 第51回 中国四国支部学術大会にて、ランチョンセミナー「乳癌治療における薬物療法とチーム医療~外来での薬剤師の取り組みとCDTM~」を共催いたしますのでお知らせいたします。

当セミナーでは、広島市立広島市民病院 乳腺外科 部長 大谷 彰一郎氏、同病院 薬剤部 阪田 安彦氏よりそれぞれのお立場から、乳癌治療における薬物療法およびチーム医療について外来患者に対する取り組みを中心にお話しいただきます。

◆大会概要
大会名:第51回 日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会
会期:2012年11月10日(土)・11日(日)
会場:島根県民会館/サンラポ―むらくも

◆共催ランチョンセミナー概要
日時:2012年11月10日(土)12時00分~13時00分
会場:サンラポーむらくも2階 祥雲(B会場)
演題:乳癌治療における薬物療法とチーム医療
     ~外来での薬剤師の取り組みとCDTM~
座長:鳥取大学医学部附属病院薬剤部 准教授 副薬剤部長 高根 浩 氏
演者:広島市立広島市民病院乳腺外科 部長 大谷 彰一郎 氏
    広島市立広島市民病院 薬剤部 阪田 安彦 氏

一覧に戻る