プレスリリース

沢井製薬について

2012年プレスリリース

PDFファイルで表示 [87KB]

2012年10月16日

ジェネリック医薬品の国際会議IGPAが日本で初開催 沢井製薬 スポンサー協賛およびCEOパネルにおける社長プレゼンテーションを実施

沢井製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:澤井光郎)は、世界の主要国・地域のジェネリック医薬品団体が加盟する国際ジェネリック医薬品連盟(International Generic Pharmaceutical Alliance:IGPA)の第15回年次総会および総会前ワークショップ「アジアのジェネリック医薬品の薬価と償還制度」セッションにスポンサーとして協賛いたします。

本年12月4日(火)~6日(木)に開催される第15回年次総会は、日本のジェネリック医薬品メーカー40社が加盟する日本ジェネリック製薬協会が主催者となり、初めて日本で開催されることとなりました。総会には、世界のジェネリック医薬品団体・メーカーのトップをはじめ、WHO(世界保健機関)、WTO(世界貿易機関)、WIPO(世界知的所有権機関)、厚生労働省の関係者も出席し、世界各地域におけるジェネリック医薬品市場の分析やジェネリック医薬品等を取り巻く問題等の議論や情報交換が行われます。

また総会内で行われるCEOパネルでは、当社社長の澤井光郎がパネリストの一人として、事業戦略に関するプレゼンテーションを行う予定です。

◆第15回 IGPA年次総会 概要
  開催日程:2012年12月4日(火)~6日(木)
  開催場所:ウェスティン都ホテル京都

◆プレゼンテーション概要
  日時:2012年12月6日(木)11時00分~13時00分 うち、20分間
  テーマ:CEOパネル(トップ経営者によるパネルディスカッション)
      「ジェネリック医薬品ビジネスの挑戦課題と期待される好機」
  パネリスト:沢井製薬株式会社 代表取締役社長 澤井光郎

※詳細なプログラム、聴講および取材方法につきましては、大会ホームページをご覧ください。
大会ホームページ:http://www.congre.co.jp/igpa2012/index.html

一覧に戻る