プレスリリース

沢井製薬について

2014年プレスリリース

PDFファイルで表示 [156KB]

2014年02月17日

日本経済新聞社主催 市民公開講座へ協賛のお知らせ「乳がんとともに生きる~あなたと家族のためのがん治療とジェネリック医薬品~」

沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:澤井光郎)は、3月30日(日)に、神奈川県横浜市・はまぎんホール ヴィアマーレで開催される、日本経済新聞社主催「乳がんとともに生きる~あなたと家族のためのがん治療とジェネリック医薬品~」へ協賛いたします。
今回は、乳がんの最新の手術・治療、薬物療法、そしてメンタル面での病気との付き合い方など専門家にお話しいただきます。また乳がんの治療薬にも発売されているジェネリック医薬品について詳しくご紹介します。
沢井製薬は、一般生活者・患者の皆さまに、医療に関する正しい情報を発信する場として市民公開講座を積極的に開催しており、今回の協賛もその一環です。
後日、当日の概要をまとめた採録記事を、日本経済新聞紙面および当社コーポレートサイトに掲載する予定です。
なお、ご参加には受講券が必要です。詳細は下記をご覧ください。

◆セミナー詳細
1.日時 :2014年3月30日(日)13時開演
2.場所 :はまぎんホール ヴィアマーレ(横浜市西区みなとみらい3-1-1)
3.プログラム:
 総合司会:好本 惠氏(アナウンサー・十文字学園女子大学 特任教授)
 基調講演①:谷野 裕一氏(北里大学病院 乳腺・内分泌外科科長)
         「乳がんとは~もし自分や家族ががんと言われたら~」
 基調講演②:縄田 修一氏(横浜市立大学附属市民総合医療センター 薬剤部 がん専門薬剤師)
         「最近よく耳にするジェネリック医薬品って何?」
 パネルディスカッション
  パネリスト
   谷野 裕一氏(北里大学病院 乳腺・内分泌外科科長)
   縄田 修一氏(横浜市立大学附属市民総合医療センター 薬剤部 がん専門薬剤師)
   児玉 美由紀氏(北里大学病院 看護部 がん専門看護師)
   大友 明子氏(NPO法人キャンサーネットジャパン)
4.主催:日本経済新聞社
5.協賛:沢井製薬株式会社
6.後援:厚生労働省、神奈川県、相模原市、横浜市、日本医師会、日本薬剤師会、
 神奈川県医師会、神奈川県薬剤師会、NPO法人キャンサーネットジャパン
7.定員:450名、無料
8.応募方法:詳細・お申し込みはこちら http://adnet.nikkei.co.jp
 FAXまたはハガキでもご応募を受け付けております。
 参加ご希望の方は、①郵便番号・住所、②氏名、③年齢、④性別、⑤職業、⑥電話番号、
 ⑦乳がんやジェネリック医薬品に関しての質問を明記のうえ、お申し込みください。
 【FAX】03-3545-6993 日経健康セミナー21「乳がん」事務局宛
 【ハガキ】〒104-0045 東京都中央区築地4-3-3 東銀座ビル3階 日経健康セミナー21「乳がん」事務局宛
9.締切日:3月13日(木)必着
 申し込み多数の場合は抽選の上、受講券をお送りいたします。
 当選の発表は受講券の発送をもって代えさせていただきます。

当講座に関するお問い合わせは、日経健康セミナー21「乳がん」事務局 TEL:03-3545-2516(平日10:00~18:00 土・日・祝日を除く)までお願いいたします。

一覧に戻る