プレスリリース

沢井製薬について

2015年プレスリリース

PDFファイルで表示 [205KB]

2015年07月27日

ジェネリック医薬品の包装専用工場「三田西工場」 起工式を実施

沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:澤井光郎)は、兵庫県三田市に計画中のジェネリック医薬品の包装専用工場「三田西工場」において、本日7月27日(月)に起工式を執り行い、2016年8月の竣工に向けて、本年9月より建設に着手いたします。

ジェネリック医薬品は、医療費節減の切り札として国がシェア80%を目指すなど、需要が急伸しており、生産能力の増強が喫緊の課題となっています。沢井製薬では、包装専用工場として三田西工場を建設し、2018年3月期までに三田地区(三田工場・三田西工場)の生産能力を現在の年産30億錠から48億錠へと増強する計画です。
 

[施設概要]
名称:三田西工場
所在地:兵庫県三田市テクノパーク18-8
竣工予定:2016年8月
製品出荷予定:2017年1月
敷地面積:23,136㎡
延床面積:21,986㎡
建物構造:鉄骨造ラーメン架構4階建
就業人数:三田工場・三田西工場合わせて約400名(三田西工場稼動時)
設計・施工:清水建設 株式会社

 

一覧に戻る