プレスリリース

沢井製薬について

2016年プレスリリース

PDFファイルで表示 [173KB]

2016年10月03日

三田西工場竣工~2017年1月の製品出荷に向けて~

沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:澤井光郎)は、9月30日、兵庫県三田市に新しく建設した包装専用工場である「三田西工場」の竣工をむかえました。今後はPQ※・PV※を経て、2017年1月より製品出荷を開始することとなります。

また三田西工場の建設により、三田工場内の包装工程スペースが空くため、そこに新たな製造工程機器を導入することができます。これにより三田工場の生産能力は39億錠から48億錠へと強化されます。

※PQ(性能適格性評価;Performance Qualification)
設備及びそれに付随する補助装置及びシステムが、承認された製造方法及び規格に基づき効果的かつ再現性よく機能できることを確認し文書化すること。

※PV(プロセスバリデーション;Process Validation)
設定パラメータ内で稼働する工程が、設定規格及び品質特性に適合した医薬品を製造するために効果的かつ再現性よく機能できることに関する、文書による確証。

◆三田西工場概要(10月1日時点)

名称 三田西工場 場所 兵庫県三田市テクノパーク18-8
敷地面積 23,139㎡ 建屋概要 延床面積 22,050㎡
鉄骨造ラーメン架構4階建
事業内容 医療用医薬品(内服固形製剤)の包装 就業予定人数 三田工場とあわせて約310名
着工 2015年8月 竣工 2016年9月
出荷開始 2017年1月 設計・施工 清水建設株式会社
主な環境対策 省エネ・省メンテナンス設備機器の採用 投資額 三田工場投資分とあわせて約120億円

 ◆三田工場の概要

場所 兵庫県三田市テクノパーク2-1 事業内容 医療用医薬品(内服固形製剤)の製造
敷地面積 14,686㎡ 延床面積 21,830㎡

一覧に戻る