プレスリリース

沢井製薬について

2017年プレスリリース

PDFファイルで表示 [140KB]

2017年01月11日

クロピドグレル錠25mg/50mg/75mg「サワイ」-効能・効果および用法・用量追加承認取得のお知らせ-

沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:澤井光郎)は、2015年6月より製造販売を行っておりますジェネリック医薬品「クロピドグレル錠25mg/50mg/75mg「サワイ」」(薬効分類名:抗血小板剤)につきまして、1月10日に「末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制」の「効能・効果」および「用法・用量」の追加承認を取得しましたのでお知らせ致します。

これにより先発品との適応不一致が解消され、先発品と同様に処方していただけるようになりました。

 

効能・効果
(下線部分が追加箇所)
・虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制
・経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される下記の虚血性心疾患
 急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞、ST上昇心筋梗塞)
 安定狭心症、陳旧性心筋梗塞
末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制
用法・用量
(下線部分が追加箇所)

虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制の場合
 通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与するが、年齢、体重、症状によりクロピドグレルとして50mgを1日1回経口投与する。

経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される下記の虚血性心疾患の場合
 通常、成人には、投与開始日にクロピドグレルとして300mgを1日1回経口投与し、その後、維持量として1日1回75mg を経口投与する。

末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制の場合
 通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与する。

なお、エスエーワン配合カプセルT20/T25、エスエーワン配合顆粒T20/T25、エスエーワン配合OD錠T20/T25における「結腸・直腸癌、非小細胞肺癌、手術不能又は再発乳癌、膵癌、胆道癌」の「効能・効果」および「用法・用量」の一部変更承認申請につきましては11月22日に行っており、承認取得次第お知らせ致します。 

一覧に戻る