プレスリリース

沢井製薬について

2017年プレスリリース

PDFファイルで表示 [138KB]

2017年05月24日

エスエーワン配合T20/T25 効能・効果および用法・用量追加承認取得のお知らせ

沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:澤井光郎)は、本日5月24日、エスエーワン配合カプセルT20/T25、エスエーワン配合顆粒T20/T25、エスエーワン配合OD錠T20/T25につきまして、下記の通り、「効能・効果」及び「用法・用量」の追加承認を取得致しましたことをお知らせ致します。

これにより先発品との適応不一致が解消され、先発品と同様に処方していただけるようになりました。

◆効能・効果(下線部分が追加項目):

胃癌、結腸・直腸癌、頭頸部癌、非小細胞肺癌、手術不能又は再発乳癌、膵癌、胆道癌

◆用法・用量:

通常、成人には初回投与量(1回量)を体表面積に合せて次の基準量とし、朝食後及び夕食後の1日2回、28日間連日経口投与し、その後14日間休薬する。これを1クールとして投与を繰り返す。

体表面積 初回基準量(テガフール相当量)
1.25㎡未満
1.25㎡以上~1.5㎡未満
1.5㎡以上
40mg/回
50mg/回
60mg/回

なお、患者の状態により適宜増減する。増減量の段階を40mg、50mg、60mg、75mg/回とする。
増量は本剤の投与によると判断される臨床検査値異常(血液検査、肝・腎機能検査)及び消化器症状が発現せず、安全性に問題がなく、増量できると判断される場合に初回基準量から一段階までとし、75mg/回を限度とする。また、減量は通常、一段階ずつ行い、最低投与量は40mg/回とする。

一覧に戻る