プレスリリース

沢井製薬について

2017年プレスリリース

PDFファイルで表示 [133KB]

2017年10月04日

医療用医薬品 片頭痛治療薬「ゾーミッグ」の日本市場における製造販売承認をアストラゼネカより承継

沢井製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:澤井 光郎)は、アストラゼネカ(本社:英国ロンドン、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ)[Pascal Soriot])より片頭痛治療薬ゾーミッグ®錠2.5mg・ゾーミッグ®RM錠2.5mg(一般名:ゾルミトリプタン)について、製造販売承認の承継を行う契約を締結したことをお知らせします。当該製品は、当面の間アストラゼネカ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役会長:マーク・デュノワイエ)が製造販売を継続し、2018年半ばを目途に当社が製造販売承認を承継し、販売を行う見込みです。

※ゾーミッグ®RM錠の「RM」は「Rapid Melt」からきており、本剤は普通錠と同じ経口投与製剤ですが、製剤中の崩壊剤と発泡剤の作用により口腔内で速やかに溶け、水ありでも、水なしでも服用できるように工夫された製剤です。

製造販売承認の権利を承継した製品

薬効分類名 製品名
片頭痛治療薬/5-HT1B/1D受容体作動薬 ゾーミッグ®錠2.5mg
ゾーミッグ®RM錠2.5mg

 

一覧に戻る