プレスリリース

沢井製薬について

2018年プレスリリース

PDFファイルで表示 [121KB]

2018年06月06日

オセルタミビルカプセル75mg「サワイ」・オセルタミビルDS3%「サワイ」
効能・効果および用法・用量追加承認取得のお知らせ

沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:澤井光郎)は、本日6月6日、オセルタミビルカプセル75mg「サワイ」・オセルタミビルDS3%「サワイ」につきまして、「効能・効果」および「用法・用量」の追加承認を取得したことをお知らせいたします。

これにより、先発品との適応不一致が解消され、先発品と同様に使用していただけるようになります。
 

◆効能・効果(下線部分が追加項目)

A型又はB型インフルエンザウイルス感染症及びその予防


◆用法・用量(下線部分が追加・変更項目)

○オセルタミビルカプセル75㎎「サワイ」
1. 治療に用いる場合
通常、成人及び体重37.5kg以上の小児にはオセルタミビルとして1回75mgを1日2回、5日間経口投与する。

2. 予防に用いる場合
(1)成人
通常、オセルタミビルとして1回75mgを1日1回、7~10日間経口投与する。
(2)体重37.5kg以上の小児
通常、オセルタミビルとして1回75mgを1日1回、10日間経口投与する。

○オセルタミビルDS3%「サワイ」
1. 治療に用いる場合
(1)成人
通常、オセルタミビルとして1回75mgを1日2回、5日間、用時懸濁して経口投与する。
(2)小児
通常、オセルタミビルとして以下の1回用量を1日2回、5日間、用時懸濁して経口投与する。ただし、1回最高用量はオセルタミビルとして75mgとする。
幼小児の場合:2mg/kg(ドライシロップ剤として66.7mg/kg)
新生児、乳児の場合:3mg/kg(ドライシロップ剤として100mg/kg)

2. 予防に用いる場合
(1)成人
通常、オセルタミビルとして1回75mgを1日1回、7~10日間、用時懸濁して経口投与する。
(2)小児
通常、オセルタミビルとして以下の1回用量を1日1回、10日間、用時懸濁して経口投与する。ただし、1回最高用量はオセルタミビルとして75mgとする。
幼小児の場合:2mg/kg(ドライシロップ剤として66.7mg/kg)

一覧に戻る