プレスリリース

沢井製薬について

2018年プレスリリース

PDFファイルで表示 [215KB]

2018年12月13日

ジェネリック医薬品6成分14品目の新製品を発売

沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:澤井光郎)は、本日12月13日に、ジェネリック医薬品6成分14品目について薬価基準への収載が官報告示され、薬価基準の適用日である12月14日以降、順次発売することをお知らせします。新製品の発売により、沢井製薬が取り扱う製品ラインアップは310成分756品目となります。

※トアラセット®配合錠「サワイ」の有効成分は「トラマドール塩酸塩・アセトアミノフェン」(配合剤)で、1成分としてカウントしています。

※フリウェル®配合錠LD/ULD「サワイ」の有効成分は「ノルエチステロン・エチニルエストラジオール」(配合剤)で、1成分としてカウントしています。

【新製品ハイライト】

◆ミルタザピンOD錠15mg/30mg「サワイ」
本製品は、ミルタザピン製剤初のOD錠です。就寝前投与の用法を考慮し、少量の水や唾液でも服用しやすくすることを目的として開発しました。うつ病の患者さんは疾病の特性上、複数の薬剤を服用することがあるため、OD錠にすることで、患者さんの服用負担の軽減を目指しました。
※OD錠:口腔内崩壊錠

                                         

◆カペシタビン錠300mg「サワイ」
カペシタビン初のジェネリック医薬品であり、当社のみの発売となります。抗がん剤治療は長期に渡るため、経済的側面から治療を支えるという意味で、ジェネリック医薬品は重要な役割を担っています。病気と闘う患者さんのために、これからも沢井製薬はお役に立ち続けます。

◆クラッシュ機能付き個装箱
ミルタザピン錠・ミルタザピンOD錠・トアラセット®配合錠において、廃棄時に容易に押しつぶせる個装箱(クラッシュ機能付)を採用しました。廃棄時間の短縮や、少ない力で押しつぶすことができる容易さなど、医療関係者の利便性を考慮した仕様にしております。

【12月14日に薬価基準が適用される新製品(ジェネリック医薬品)】

薬効分類名 製品名 先発品名
ノルアドレナリン・セロトニン作動性抗うつ剤 ミルタザピンOD錠15mg「サワイ」
ミルタザピンOD錠30mg「サワイ」
ミルタザピン錠15mg「サワイ」
ミルタザピン錠30mg「サワイ」
リフレックス®錠15mg
リフレックス®錠30mg
レメロン®錠15mg
レメロン®錠30mg
注意欠陥/多動性障害治療剤(選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害剤) アトモキセチンカプセル5mg「サワイ」
アトモキセチンカプセル10mg「サワイ」
アトモキセチンカプセル25mg「サワイ」
アトモキセチンカプセル40mg「サワイ」
ストラテラ®カプセル5mg
ストラテラ®カプセル10mg
ストラテラ®カプセル25mg
ストラテラ®カプセル40mg
慢性疼痛/抜歯後疼痛治療剤 トアラセット®配合錠「サワイ」 トラムセット®配合錠
徐放性ドパミンD2受容体系作動薬 ロピニロール徐放錠2mg「サワイ」
ロピニロール徐放錠8mg「サワイ」
レキップ®CR錠2mg
レキップ®CR錠8mg
月経困難症治療剤 フリウェル®配合錠LD「サワイ」
フリウェル®配合錠ULD「サワイ」
ルナベル®配合錠LD
ルナベル®配合錠ULD
抗悪性腫瘍剤 カペシタビン錠300mg「サワイ」 ゼローダ®錠300

一覧に戻る