プレスリリース

沢井製薬について

2019年プレスリリース

PDFファイルで表示 [141KB]

2019年03月28日

2年連続で「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」に認定

沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:澤井光郎)は、経済産業省および日本健康会議が共同で優良な健康経営を実践している法人を認定する「健康経営優良法人2019(大規模法人部門)」に選定されましたのでお知らせいたします。

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。今回の受賞で当社は2年連続の認定となりました。

当社では、企業行動基準に定める「より良い医薬品は心身ともに健康的な職場から生まれる」という考えのもと、ハラスメントがなく、安全で衛生的な職場環境整備を推進するため、本社・研究所および全国に展開する工場や営業拠点を担当する専任保健師を配置し、各職場や人事部門と産業保健活動の連携を進めるとともに、定期健康診断、ストレスチェック、プレゼンティーズム調査、生活習慣アンケート等によって得られたヘルスデータを分析・検証し、従業員のメンタルヘルスや生活習慣病予防のための活動の企画に役立てる取り組みを行っております。

引き続き、健康経営を推し進めるとともに、ワーク・ライフ・バランスの推進にも力を入れてまいります。

一覧に戻る