プレスリリース

沢井製薬について

2019年プレスリリース

PDFファイルで表示 [144KB]

2019年07月23日

「FTSE4Good Index Series」および「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に選定されました

沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:澤井光郎)は、この度、ESG(Environment “環境”、Social “社会”、Governance “ガバナンス”)投資の代表的な指標である、「FTSE4Good Index Series」および「FTSE Blossom Japan Index」に初めて選定されましたので、お知らせします。

「FTSE4Good Index Series」はロンドン証券取引所が100%出資する投資指数算出会社FTSE Russellが作成したESGの観点から世界基準を満たす企業を構成銘柄とする株式指数です。「FTSE Blossom Japan Index」は、FTSE Russellが作成したESGの観点から優れたパフォーマンスを発揮していると判断された日本企業を選定しています。

これにより、当社は、世界最大規模の年金運用機関である年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が選定したESG投資指数である「FTSE Blossom Japan Index」、「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」および「S&P/JPXカーボン・エフィシエント指数」の3つの構成銘柄に選定されました。

当社は、「沢井製薬の事業活動そのものが社会貢献である」という考えのもと、今後も事業を通じた企業理念の実現と事業プロセスにおける行動基準の実践により社会へ貢献することで、当社と社会がともに持続的に成長・発展していくことを目指します。

※ 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が環境テーマ型指数として選定した指標。環境情報の開示を十分に行っている企業や炭素効率性の高い日本企業を選定。

一覧に戻る