プレスリリース

沢井製薬について

2019年プレスリリース

PDFファイルで表示 [130KB]

2019年08月28日

カンデサルタン錠2mg/4mg/8mg/12mg「サワイ」・カンデサルタンOD錠2mg/4mg/8mg/12mg「サワイ」 用法・用量追加承認取得のお知らせ

沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:澤井光郎)は、本日8月28日、カンデサルタン錠2mg/4mg/8mg/12mg「サワイ」および、カンデサルタンOD錠2mg/4mg/8mg/12mg「サワイ」につきまして、「用法・用量」の追加承認を取得したことをお知らせいたします。

これにより、先発品と同様に使用していただけるようになりました。

◆効能・効果

[錠2mg/4mg/8mg/12mg・OD錠2mg/4mg/8mg/12mg]

高血圧症
腎実質性高血圧症

[錠2mg/4mg/8mg・OD錠2mg/4mg/8mg]

下記の状態で、アンジオテンシン変換酵素阻害剤の投与が適切でない場合
慢性心不全(軽症~中等症)

◆用法・用量(下線部分が追加項目)

[錠2mg/4mg/8mg/12mg・OD錠2mg/4mg/8mg/12mg]

高血圧症
成人
通常、成人には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして4~8mgを経口投与し、必要に応じ12mgまで増量する。ただし、腎障害を伴う場合には、1日1回2mgから投与を開始し、必要に応じ8mgまで増量する。

小児
通常、1歳以上6歳未満の小児には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして0.05~0.3mg/kgを経口投与する。
通常、6歳以上の小児には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして2~8mgを経口投与し、必要に応じ12mgまで増量する。ただし、腎障害を伴う場合には、低用量から投与を開始し、必要に応じて8mgまで増量する。

腎実質性高血圧症
通常、成人には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして2mgから経口投与を開始し、必要に応じ8mgまで増量する。

[錠2mg/4mg/8mg・OD錠2mg/4mg/8mg]

下記の状態で、アンジオテンシン変換酵素阻害剤の投与が適切でない場合
慢性心不全(軽症~中等症)

通常、成人には1日1回カンデサルタン シレキセチルとして4mgから経口投与を開始し、必要に応じ8mgまで増量できる。なお、原則として、アンジオテンシン変換酵素阻害剤以外による基礎治療は継続すること。

一覧に戻る